2006年08月27日

NHK杯2回戦第3局 ▲王銘ワン九段対溝上知親八段 白中押し勝 2006.8.27OA








 解説:マイケル・レドモンド九段
 □白4は最近珍しい形。この一手がこの碁の骨格を決めた、と言っても過言ではない。
 □というのは、黒1が右上隅小目か星、白2手目が左上星か小目(ただしD-17に限り、C-16は無い。それは黒3にカカられて碁はオワ。参考図A、B、Cである)というのが、近代碁の常識。
 □ただし、黒1が星の場合、白2は左下もありうる。大場としての比重が、対抗軸の左上と対抗隅の左下でぴったりセイムなのである。
 □そして、白2が星ならば、黒3でひとつだけケイマにカカって相手の受け方を問うて次の手を決めるというのは最近頻出の趣向。
 □白4の一間受けは最近珍しい。
 □近年は星にケイマガカリされたらケイマに受けるのがほぼ100%になっているが、これは1980年年代当時のトッププロであった趙治勲が打ち出して一世を風靡して現在に至っている、比較的新しい打ち方である。
 昭和55年24歳で名人になった趙は「趙治勲青春指導碁」として全国を回り、中学生などと指導碁を打っていた。置き碁において、黒の星へ白がケイマガカリした時は大ケイマに受けるべしというのが戦前の定石であった。それが星打ちが互い先の碁にも頻繁に登場するようになった「新布石」の頃からか、位を重んじて四線に一間に受ける打ち方が奨励されるようになってきた。置き碁といえども初手(ハナ)から守り一辺倒の受け身になる大ケイマでなく、互い先の感覚で“対等の立場”で戦ってみることが、すなわち強くなるためには必要という発想である。しかし、置き碁であるならば、力の差はあるわけで、そこでまっこうから四つに組んで戦いを挑むということは、いきなりの戦いとなってそこでばっさりやられてしまう可能性も高い、ということでもある。
 そこで、ケイマカカリに対してはいきなりがっぷり四つに組むのでもなく、かといって卑屈に大ケイマなどと守り一辺倒に受けるのでもなく、その中間点であるケイマに受けていったんは守りについたと見せかけて実は反撃をも睨んでいるのが、バランスもよくよろしかろう、という提案をしたのである。
 ところが、そこが趙治勲の真摯なところであるが、「アマチュアの碁で真理であるやり方ならば、それは普遍的ということであり、プロの碁でも通用しない訳がない」ということで、星の石へのケイマカカリに対して小ゲイマにしまるということを自分の実戦にも取り入れてみた。まあ、トップ棋士というのはどのように打ってももともと強いのであるからそれで勝ってしまうわけで、となると逆に小ゲイマシマリは“トップ棋士の趙治勲が愛用して勝率もよい手”ということで、プロの間で研究もされ流行することになる。それが現在まで続いているというか、今日の中国、韓国の世界トップレベルの発想にもつながっているということである。
 いわば、小ゲイマシマリは“どのように打っても勝てる、したがって××流という特定の打ち方をしなかった”棋士趙治勲が編み出した数少ない“趙治勲流”の一手なのである。それは星にケイマガカリして小ケイマされた時、隅へのケイマスベリ(ふつうは先手)を保留して<単に>二間に開くというコペルニクス的発想“小林流”へと進化していった、というのも昭和後期囲碁史の不思議さ面白さであろう。
 □だから、白4の一間は歴史を20年遡らせたやや旧式の発想であり、黒の利かしたつもりの黒3小ケイマを正面から迎え打ち、戦おうという果敢な戦法である。しかし、「ものごとは全て裏表がある」わけで、黒からはC-8のケイマが白のスソ空きを狙った攻撃の急所になっている。
 □したがって黒5以降、この碁は他の大場よりも、どちらが先に左下に手を回して攻勢に立つかが全局の帰趨を占う一大焦点になってくるのである。
 □したがって、黒5、白6と大場を一手ずつ占めあった後、黒は7と念願の左下スベリの急場に回ったわけである。
 □ところが、白8で左下を受けるのは“利かされ”になるとみるのが、プロならではの独特の感覚である。左下は参考図Dと黒を隅に閉じ込める手段もあり、また平易に参考図Eと三々と辺を交換する方法も残されていて、あわてて三々に受ける必要もないというのが趙-小林の時代よりも更に進化した現代碁である。
 とにかく現代碁は“なるべく決めてしまわないで、いろんな含みをのこして打つ”のが流儀だ。だから、やけに手抜きが多い、のが特徴だ。
 □というわけで黒7には手抜きで白8のカカリ。
 □黒9の厳しいハサミ(手抜きにはE-16ツケがピッタリで厳しすぎる)には流石に手抜きはできず、白10。
 □黒11の二間は穏やかな受け。ゆっくり打つことで@少しでも(D-14のケイマ受けと比較して)左下方面へ石を進めることで、(例の懸案の)左下C-8への黒のケイマガカリの左下白への迫力を増したいし、A逆に忙しく打って参考図Fという白の好形を許したくない、という二重の意図(いずれにせよ、<左下黒7のケイマスベリ-白手抜き>による白の嫌味を意識している)がある。
 □となると、盤中これといった急場は消えておちついた先の長そうな碁となり、僅か17手にしてこの碁は持久戦模様となった。
 □なもんで、白18は盤中最大にして最後の大場。大袈裟ではなく、これよりヨセである。中抜きのイキナリの終盤戦突入である。
 □黒19〜25はナチュラルなヨセの流れ。ただし後手。
 □こうなると、いったんはその価値が落ちていた左辺もヨセとしては急場化してくる。で、白26はヨセとしてはいっぱいに頑張った手。32までとなれば白厚く、左辺から上辺にかけて白の模様らしきものが生じてきて、下辺の黒の勢力との対抗馬にのし上がってきた。
 □つまり、ここにきて碁は中盤戦に逆戻りしてきた。
 □黒は落ち着いて33ケイマと、一歩ずつ慎重に下辺の黒模様を拡大する。
 □白34シマリは30目の価値はあろうかという“ヨセ”の大場。
 □つまり、この段階で、黒は模様の張り合いという中盤戦作戦を志向するのに対し、白は「模様の張り合いという挑発には乗りませんよ。」「下辺の模様は三手連続して打っても地にはなりませんよ。」「したがって、今は(模様の張り合いという)<中盤戦>ではなく<ヨセ>の時代ですよ」と主張している。
 □この「黒=中盤戦」VS「白=ヨセ」いずれの考え方が正しいのだろうか?
 □上記の問題の正解は「白=ヨセ」。白番溝上の言い分が正しかった。
 □というのは、黒33、35、37と三手かけてもここは黒地にならず、白60の時限爆弾が炸裂(下辺の黒模様の中で白は堂々と生きてしまい、黒模様は吹っ飛んだ)したからである。
 □黒番王銘エンの黒37は工夫した手である。参考図Gと囲えば固いが、これでは黒地は少なく、地合いでは白良しなので、黒勝てない。それで、37と大きく構えてみたものの、(白38と悠々と受けられ、黒39〜59と忙しく立ち働いてはみたが)結局白60に回られて、ここ黒の金殿玉地宝庫を正面突破されては、黒の言う中盤戦=「模様の張り合い」構想は哀れ、玉砕してしまったのだった。
 □おしまい。
 
 参考図A 黒1右上小目、白2向い小目は黒3と先にカカられて白悪い






 「黒1右上小目、白2向い小目(本来は“相小目アイコモク”というべきもの)は黒3と先にカカられて白悪い」が古来の教えであった。すなわち、白4と同形にカカると、黒5と絶好の形にハサまれる。これでは上辺は黒が強い(生きている=根拠がある=攻められない)石が2グループ、対白が弱い(生きていない=根拠がない=攻められる一方)石が2グループということで、白絶対不利(従って白4は悪手。しかし白4そのものは部分的には妥当な手であるから、盤全体で考察すると、さかのぼっての白2向い子目が悪手である、という考え方)とされていた。
 これが信長、秀吉、家康と三代の天下人に仕えた日蓮宗僧侶日海=初代本因坊算砂以降300年の日本囲碁の打ち立てた囲碁理論=布石論の根本原理である。それは一手の価値の比較原則「1隅(ただし、小目のみ)、2シマリ、3カカリ」とあいまって、“序盤はどこに転がしても一局は一局”という(それは論理的=具体的にその非を証明できない以上、それ自体は今なお通じる真理、少なくとも絶対真理を打ち立てる前提としてのテーゼではあるのだが)、いってみれば勝負なんてサイコロをふるのと同じ、[(碁は)運の芸](“耳赤の手”で秀策に敗れた井上幻庵因碩がその著書『囲碁妙伝』で書いた有名なセリフ)論をきっぱりと否定し、論理的思考の積み重ねの上に囲碁の必勝法を構築せんとした日本人の智恵である。その精華がその因碩に“耳赤の手”で勝ち、少なくとも黒番ならば先手必勝の<秀策流>を創出、実証し、お城碁19連勝無敗の大記録を打ち立てて碁聖(道策を前聖、秀策を後聖と称する場合もある)と呼ばれた本因坊秀策である。(余談であるが、その秀策の碁を研究し、「私は一生かかっても秀策には勝てない」といったのが李昌鎬であるから、日本人はその囲碁理論にもっと自信をもって良い、と思うのだが...)

 ところが、それを承知でこのように打った例もないではない。それが、この昭和25年第5期本因坊戦挑戦手合第3局、(白)橋本宇太郎-(黒)岩本薫本因坊である。
黒3に白4と同型にカカり、あえて黒5の好形を許した例である。黒21のカケに、白は24以下28と三子にして捨てる策に出た。黒33と打った手が珍しく、白34以下面白い変化となった。白46とサバいては白は実利で先行して危ないところはなく、全局的に走っている。いかにも“天才”宇太郎らしい、策に富んだ打ち方ではある。

 また、現代では参考図Bのように、白4と高くカカるなど、カカりに変化を持たせる工夫があり、その教えにはこだわらないのが普通である。

 つまり、現代碁では向い小目を打つについては、かなり自由な考え方にたっているといえよう。(『基本布石事典』林海峰著 1978)

 参考図B 白4一間高ガカリ






 当節は向かい小目でも、白4の一間の高いカカリという現代的な手法があって、白の向い小目がいちがいに悪いとは言えなくなってきている。
 その典型がこれである。
 これは昭和41年(1966、といえばビートルズ来日の年だ。う〜む、あれからもう40年になるのか)第5期名人戦第1局(白)林海峰名人-(黒)坂田栄男本因坊という歴史的一局である。“アンシャンレジームの権化”坂田の旧戦法に対し、“戦争を知らない”“遅れてきた青年”林が新戦法で挑んだ一戦である。右上は部分的には黒良しとされるが、先手を取った白が20のコスミに回り(途中、例えば黒7で20のカケが先手で成立すればトータルで黒良し、なのだがそのヒマはないらしい=黒模様がスカスカになる)以下黒33まで怒涛の如く左辺を“大もの”にすれば、上辺の黒地は厚みと厚みがかぶったコリ形でしかなく、続いて白34〜黒49とこれまた先手で右下を決めつけ、とって返して左下を50、50と構えれば、白あっという間に必勝形である。

 参考図C 黒1右上星、白2向い小目は黒3一間高ガカリで黒優勢






 黒3以下左上隅が互角の形勢で治まると、以下は隅>シマリ>カカリの法則(序盤は左に示した>の順で価値が高い)に従って行けば二隅が空いていて交互にそこを打ち、以下相互に見合いの大場を打ち合っていけば、最初に右上に打った星(しかも左上の三間ビラキの勢力との間合いが絶好)の威力がいつまでも残っていて、先着の黒有利の形勢はコミ6目半を補っても余りある。

 参考図D ハサミから黒を隅に閉じ込める






 右下の打ち方次第では、このように一間バサミから黒を隅に閉じ込める方法もある。

 参考図E 黒7には手抜き






 黒7には手抜きをして他の大場を打ち、黒9と三々にコスまれても、白10と辺を二間に開いていてよろしい、という発想もある。

 参考図F 黒11でケイマは、白を厚くさせて不可






 黒11とケイマすると白12〜黒17を先手で利かされ、白18〜22と幸便に黒を封鎖して、左下白への黒ケイマガカリの狙いは消えている。

 参考図G 黒37で囲っても、この地では勝てない






 黒37は左右対称の中央という好点ではあるが、いかんせんこのラインで下辺の黒地をまとめるのではモノが小さい。黒は下辺の一箇地にたいし、白は右辺、左辺、それに上辺にしっかりとした地があり、大差で白良し、と言わねばならぬ。


posted by 蔵山車理恵蔵 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

第15期竜星戦決勝トーナメント1回戦 依田紀基九段対安藤和繁二段








 □黒39に白40と下から受けるのは何と言っても利かされ。竜星戦独特の予選変則トーナメント最大連勝というシステムによって決勝トーナメントに進出した安藤二段は相手が依田ということで畏縮しているのか。黒55と抱えられては攻められる心配はない。自らの勢力圏で大威張りで治まられ、かなりつらい格好。参考図Aは一例だが、このほうが白はのびやかなような気がする。
 □白56〜黒69は相場として
 □白70〜82は黒模様に殴り込みをかけ地合いのバランスを取ったものだが、黒83まで厚い。
 □白86は守りだけの手で、存外小さい。
 □黒87のツケ以下、黒93、95が先手で利いては黒旨いことをした。左上の白は目二つで辛い。
 □この碁はなんか、依田の貫禄の前に安藤が竦みあがってしまい自滅したようだ。
 □なんてことはない67、69で白四子を切り離してはお終いである。

 参考図A 白40押さえ






 白49までとなると、黒も50あたりに一手手入れがいるような...



posted by 蔵山車理恵蔵 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

第54期NHK杯2回戦第2局 ▲張栩名人・王座対△山田規喜九段 黒中押し勝 2006.8.20OA








 解説:結城聡九段
 □白26〜32は気合いのフリ替わりだが、黒33〜白40が先手で利き、黒41の絶好点へ回られた分、先着の利が生きていて黒面白いのかもしれない。
 □だから、白34では気合で参考図Aとトビたかった。
 □というのも、白48のサバキに、黒49,51の強手が成立し、黒がここで大利を得たからである。
 □だから、白48では参考図Cの下切りからいきたかった。“初劫にコウ(材)無し”のようではあるが、放送後の検討の結果、左上で二回頑張るコウ材が頼りであることが判明したらしい。<放送での検討では、初劫にコウ無し、という結論だったが、その後、検討を進めた結果、それが覆ったようだ>黒が妥協して、白シチョウで右辺の黒一子を抱えればまずまずだったろう、という最終結論で、それなら白もまだやれた、ということらしい。
 □白52で53の切りは黒がシチョウで取られている。参考図C参照。
 □ということは、白42からここを動くのは重く、白はそれ以前の手、つまり26、28のコウが悪かった、というのがOAでの結論だった。
 □左上でコウが生じ、“初劫にコウ(材)無し”ということで実戦の進行はほぼ必然だが、右下でもまたまたコウにいくのが正解だったようだ。なんと、白は両方ともにコウ材有利だったのである。
 □結局白は妥協して、50、52、54と打ったが右辺はシボリにもなっていないので黒55と取り切った右下の黒は見かけ以上にデカイ、“手付かず”の黒地だ。これなら、最早形勢黒良し、となった。ここで、優位に立った黒は以下もその優位を譲ることなく一局を押し切った、ということで、この碁の白の敗因は白48にある、というのが最終結論であった。
 □左下、白56〜黒79は、双方定石に囚われず手筋を出し尽くしての見ごたえのある攻防だが、79とポン抜いた分、黒厚い。それが後の中央の戦いにどれだけ影響するかが、勝負の分かれ目と見えたが...。
 □左下を先手で切り上げ、上辺を白80と二間に開いて白全局的に中央が厚いかとも思われたが...。
 □黒81〜85と黒は上辺に手をつける。
 □白86が作戦の岐路だった。この手では参考図Dとおとなしく受けて黒は活かしても、中央を厚くする作戦はありえたかもしれない。
 □白は勇ましく、86と押さえたが黒97となると上辺と右辺の渡りだ見合いでこの黒は生きている。
 □だから、白98と生きている石をいじめに行った手が敗着と思われた。黒99から104で、上辺と右辺の渡りが見合いだからである。
 □だから、解説の結城聡九段は98で参考図Eの中央囲いを主張した。が、張栩はそれでも黒99と右下を囲い、黒良し、を主張、結城もそれには反論しなかった。だから、白98は敗北を決定づけた手ではあっても敗着ではない。
 □敗着はそれ以前、白86か、白26であったろうか?
 □ということは黒105に白106はやむをえない一着なのかもしれないが、黒107、109、111と堂々と中央突破しては碁は完全に終わった。



 参考図A 白34では一本右下をトんでおきたかった






 白34で右下を一間にトべば、黒はO-16に一間にトぶ位のものだろう。その交換をしておけば、直後の黒41〜55のキツイ攻めもなかった。
 黒35でこの図のように左上をポン抜いてもここは、打ち切ったところで、案外モノが小さい。白は36以下先手で大威張りで右下を打ち、左辺も先手で回れる。この図は黒左上で重複していて悪い。

 参考図B 白48ではまだしも下切りだった






 
 参考図C 白52で両アタリはシチョウに取られ。






 白52の時、このように両アタリを打てば、黒は53とこちらを逃げ、白54ポン抜きの時、黒55はシチョウである。ここで、白が56と打てばシチョウアタリを打てば勢い参考図Bのフリ替わりになる。

 参考図D 白56で左上を打ってまたもや大フリ替わり






 このフリ替わりは右下を取り切った黒が厚いか。う〜ん素人目には、黒が南半球、白が北半球と地球ならぬ碁盤の小宇宙を二分していい勝負のようにも思えるのだが。

 参考図E 白86では妥協もあった?






 白86では、三線での渡りは許しても四線を塗りつけるのはありえた。白も中央の一方地で恐いことは恐いが黒97となって黒97まで先手で中で居直られた実戦の進行よりはましだった。

 参考図F 白98で囲っても、手遅れ?!






 感想戦で、結城Pは98では「右下を98と囲って勝負に持ち込める」と主張したが、張栩名人・王座は即座に「それなら黒も99と右下を囲って負けはない。」と斬り返した。「中央の白は50目はできないから」ということは、張はこの早碁の最中にも形勢判断ができていた(寄せまで、読み切っていた)ということになる。凄い!








 





posted by 蔵山車理恵蔵 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

NHK杯二回戦第1局 △倉橋正行九段対▲趙治勲十段 黒4目半勝








 解説:石田芳夫九段、結城聡九段
 □黒は5、7とカカリっぱなしにして右辺に三連星を敷く。
 □白10〜12の時、黒13を利かして白14と交換してから黒15に戻ったのは、右上の黒の三々(黒15、R-17)と上辺白の二間開き(左上が星の白だけなら、ケイマ=白16のところ、M-16とはならない)を決めてしまってからの左上カカリは上辺右の白が安定しているので、実戦白14のようにおとなしくケイマに受ける(そうなれば上辺の白は位が低く、つまらない)とは限らない。その時は参考図Aのように挟んで左辺の黒は不安定な石をふたつかかえて忙しい戦いに巻き込まれて不利である。
 □という理由で、黒は右上はいったん放置して、左で黒13ケイマガカリと白14ケイマ受けを利かしておいてから黒15と右上三々に戻る。
 □白も14があるので上辺のバランスを計る意味で、16は二間ビラキではなく高くケイマに構えた。参考図B参照。
 □黒17に白18は趣向、黒が三々コスミなら参考図Cのように黒を隅に閉じ込めてしまおうという考えである。
 □黒は左辺に不安定な石をふたつもかかえているのに、更に黒19と打ち込んだ。趙一流の薄く辛い打ち方である。その意図は白20を誘い、黒21と踊り出して、白22、24を必然とさせて黒25とコスミ、3つのグループの黒石が単に逃げるのではなく、上辺と左辺の白と際どく競りあう中で凌いでしまおうというもので、極めてレベルの高い打ち方である。それは一歩間違えばいっぺんにつぶれてしまう可能性をも秘めていて、現代の国際トップレベルの序盤から布石なしで戦いに入るという打ち方の先駆けをなすものであった。だから棋聖を六連覇していた頃の藤沢秀行などでさえ理解されず、「(趙)治勲は思想が低い」などとけなされていた。
 □左辺は黒23あたりで参考図Dのように収まることもできたがこの碁の黒の生命線である右辺の中国流に触ることを怖れて手をつけていない。
 □黒27では参考図Eのカケも考えられたが、結局やめたのは手抜きされた時左下を切られて分けの分からない戦いになるのを嫌ったものか。
 □黒27は右辺の中国流を意識している。参考図Fのトビがスケールのでかい全体構想だ。
 □黒31は様子見。白32、34と一歩一歩出てくる間に、黒は幸便に黒33〜41と左下を好形に整形して、右辺の黒の中国流との連繋をも展望して好調な運び。後は、左上と上辺の黒をシノげばよい。
 □白42は「正々堂々と真っ向から勝負を挑む本手」(石田P)ただし、本手とは、足の遅い意味もあり、対局者の倉橋正行九段本人は局後「緩着でした。一手緩んで、攻守が逆転してしまった」確かに、石田Pの言うように参考図Gのように、忙しく行くほうがよかったようだ。
 □黒45はいかにも“趙らしい”一着。この一局の碁で唯一石田Pの予想になかった【石の方向】である。中央進出のこの忙しい時に、あえて一手かけて手を戻している。これで、左上の黒が生きたわけでもなくなんとなく中途半端な感じもするが、これが趙ならではの[生きている石が最も厚い]という厚み感覚なのである。続いて47と打ってやっとこちらの黒はほぼシノギ形。
 □白も46と懸案のところを破って中央へ顔を出し、黒47〜白64と中央での白三集団、黒二集団の先行争い、鍔迫り合いが始まる。
 □このあたりを勝負所と見て趙はコンコンと考え込む。「(黒49を見て)こんな碁になっちゃった。」「この碁は寄せに時間は要らない(ここで決着がついてしまう)」
 □白50のケイマは頑張った手だが薄い。
 □(黒51では)押さえ込むのが一番きつい。白封鎖されて一手手入れして生きるのは敗勢に近い。」(石田)参考図Hの出切りのことか?
 □しかし黒51、53と勝負を先に伸ばす。参考図Hに危険を察知したか、形勢悪くないと見て自重したか?
 □黒65と微妙なトコロでノゾキを利かす。
 □白も黙ってツグのは利かされなので66とツケ、67と替わって一子を犠牲にして先手を取って切りを緩和し、その調子で68とノビる。
 □黒69、71を利かしておいて、待望の73に回る。ここは、先に白46の個所と同じ意味で、上辺と右辺の中国流の模様を繋いだ手で、衆目の集まる個所であるが、本手は参考図Jの一間トビ。だがそれでも白から打つとここが破れる危険はあるので、あえて薄く実戦のように打った。しかし、黒73が薄いことは薄いのは事実で、このラインの強弱が勝負の分かれ目になってきた。無論、このまますんなりと繋がって右辺の黒地がまとまれば黒大いに良い。
 □白74に対して、黒85は黒めいっぱいの頑張り。獅子奮迅、阿修羅のごとく、これぞ趙である。「こういかなくては打っている気がしない」という趙の気迫が見る者にひしひしと伝わってくる。「黒83では左辺の黒八子は見捨てて右下を強化するのもあった」と石田P。白83の切りは30目は固くばかでかいが、右下を二手連打して手付かずの黒地にまとまれば、それは百目はあろうかという巨大な地が完成するのでどっちも恐い?石田Pが図を示さなかったので、あおきが勝手読みをしたのが参考図Kである。まあ、それはそれで一局だったかもしれない。あんがいいい勝負だったのかも。だからこそ、趙は83と根こそぎ助け出してシノギ勝負に出た、とも言える。黒全部活きれば圧勝。取られればさすがに負け、と大バクチなのか?
 □だが、実戦は黒85まで根こそぎ助けようという欲深い手で、そうなれば黒は逃げ切ってしまう。白は怒らなければならないところだ。ここで白はどこに打つか?参考図Lである。次の十数手で勝負は決まる。
 □ここで白は白86黒87の交換をしておいてから88に戻った。この交換が吉と出るか、凶と出るか。
 □黒89〜白94はこう打った以上いわば必然。次の黒95が悩ましい。参考図Mである。
 □このあたり勝負所だが、両者とも持ち時間は使い果たしていて一手30秒の猛スピードで打っているので解説が口を挟む暇もない。白100〜128と白は右下を荒らしつつ生きたが、黒も129と繋がっては73の頑張りが効を奏した格好で右辺と下辺がそれなりにまとまった地ができては大差(12〜13目ほど?!黒良し)で黒の勝利が確定した。
 □遡って「黒101はやりすぎだった。参考図Nくらいに止めるんだった」という趙の反省がある。
 □というのも、実戦の進行は白はシノギながら、白110、122と急所に石を持ってきて、黒の薄みは現実の嫌味になってきた。特に下辺の黒125は122と緩めなければならず、黒はこれでモーレツに味悪になった。
 □時間に追われた白の倉橋はここで128と右下の白の単独の生きで妥協したのだが、その瞬間に黒129と連絡されては勝利の女神は白番倉橋の手からするりと抜け落ち、黒の趙の勝利が確定した。
 □実は、この時この日のもう一局の解説で待機していた結城聡九段が白128での白大逆転の一着を発見して控え室のモニターに向かって咆哮していた。「倉橋君、どうして切らない?!」と。参考図Oである。
 □成る程、白128でここを切れば黒は破綻していたのだ。そこで上記の「黒101では参考図Nだった」という趙の反省に繋がるというわけである。
 □この碁は、終始黒が先行、白42がおっとりしすぎの緩着で、その後は黒が主導権を握った。ただし黒101と125は恐い手で、白128で右辺を切れば逆転していたものを、実戦の128生きではモノが小さく、白の負けが確定した、ということになる。したがって白の敗着は128になる。
 □[したがって、以下は蛇足であるが]ヨセに入ってから趙は少し躓く。黒151では先に黒195、白196を決めなければならず、実戦は白158から160の筋が発生したが、逆転には到っていない。
 □ただし、↑上記「逆転には到っていない」は『週刊碁』(2006.8.28)の結論であって、放送時石田Pの呟き「白158では、160からやっていれば結果はどうなっていたか判らない」をやってみたのが参考図Sである。これは、ややや、白勝ちだぞ、おいおいおい!ど〜なってんのさ

 参考図A 黒13で右上を決めると左辺のカカリにはに挟まれて忙しい戦いになる。






 この図は左辺で黒は不安定な石をふたつかかえて、不利な戦いに巻き込まれてしまう。

 参考図B 白16で二間開きは上辺が位が低い。






 白14と左辺星からのケイマしまりがあるのに三線に低く二間ビラキするのは、白は三線に偏して位が低く打つ気がしない。この図だと後に黒からの肩ツキが絶好で白は三線を這わされるのはやりきれないとしたものだ。

 参考図C 黒19三々コスミなら白は黒を左上隅に閉じ込めて白模様が理想的






 白26がシチョウで取れているのが厚い。

 参考図D 黒23で左下ツギは良くない






 黒23〜27のように運べば、左辺の黒は安定してそのかわり左辺の白が薄くなり逃げている間に左上と上辺の黒も上下の白を攻めながらサバけて好調のようであるが、それをあえて我慢しているのは左下から一間にトんだ白24の切っ先が、この碁の黒の生命線である右辺の中国流を遠くから消しているのがイヤなのである!(そういうものなのか?!)

 参考図E 黒27カケはあった






 この図は解説の石田芳夫九段のご推薦(というか「趙さんならこう打つだろう。というかそれが石の流れ」)だった。が、結局思いとどまったのは白28の切りで闇試合になることを怖れたものか?!

 参考図F 黒27は右辺にスケールの大きい黒模様を狙っている






 白32で左下を切るのは、この時点ではモノが小さくまた本物ではない(もう一手手入れしなければ白は左辺を取り切れた、とは言いにくい)。その隙に黒33(ここが急所)とトバれると右辺にやたらスケールのでっかい黒模様ができる。

 参考図G 白42ではノゾキから切りで、急戦が戦いの主導権を握っていてよかった






 白42ノゾキから44切りで、ここで戦をしかけるのが全局の主導権を握る意味でよかった。左辺での戦いに白不利は考えられない。

 参考図H 黒51では押さえ込み(出切り?!)が一番きつい(石田P)






 白50のケイマが薄いので、黒51の押さえ込み(出切り)が決まれば勝負あった。が...

 参考図J 黒73では一間トビが本手






 黒73のトビが本手っぽいが、白74とトビで応えられるとここの黒は破れてしまう危険性がある。それで、どうせ薄いのならと、実戦の73とあえて薄く打って白を挑発している気味がある。
 
 参考図K 黒83で左辺を手抜きして二手連打すれば






 左下の白地も48目とでかいが、その隙に右下を二手連打するとすれば、こんなものか?またこれがどの程度黒地としてまとまるのか、あおきレベルではとうてい分からない。

 参考図L 白86でどう打つか?






 黒73で上辺と右辺の中国流が繋がった素振り。黒77、81で左下の黒も目無しながら右辺の中国流と五間の幅で連絡を窺っている。白はその二つをどこかで破り右下の黒模様をガラガラにしないといけないのだが...。本手は白68から右上ハネの一子アタリなのだが...。

 参考図M 黒95ぼんやりと上下が繋がったフリ






 黒95と下辺の黒から上に二間にトんだ。黒73とあいまって、黒はこのあたり上辺といい、左辺といい、なんとも薄いのだが...。最も、白も86〜94と元手をかけた以上この白は最早捨てることはできない。とりあえず白96〜黒99までは利かして...。さあ、どうする?

 参考図N 実戦の黒101はやりすぎだったと、趙は反省






 黒101から103のハサミツケは恐い戦いに突入するようだが、この様にきびしく打ったほうが、白も生きなければならないのでかえって決まりがつくという意味では分かりやすい打ち方なのかもしれない。これなら黒は上辺も左辺も連絡して安泰だったらしい。

 参考図O 白128では奇跡の大逆転があった!






 白128ではとにかく128と上辺の黒を切断、黒129は必然として、ここで白130とと“ドシロートっぽい”ノゾキが愚形の必殺技。白132、134に黒133、135の取りを必然で、その瞬間の白136、黒137が必然(だから、先の125では222と緩めておけばよかったのら!黒の馬鹿バカ!)白128がぴったりのダメ詰まりで、続く白130の出に黒抵抗するすべはなく、黒中央十二子か左辺の黒十四子がごっそり落ちては黒は即、投了の憂き目にあるところだった。う〜んかっての昭和の異能梶原武雄の“ドリル戦法”を上回る平成の鬼才結城聡の“チェンソー殺法”の凄みここにあり、というところであるか。
 なお、白130には、黒131、133と打って上辺の黒を助ける方法もないではないが、それは参考図Pのように中央の黒六子が取られて地合いは大差で白良し。黒の最大の抵抗は参考図Qのように黒133で中央を接いで上辺の黒と右下の白の攻め合いにもちこむことだが、どうやらこの戦いは黒悪いようだ。

 参考図P 黒131と妥協すると






 中央の黒六子が落ちては、黒負け。

 参考図Q 黒133で攻め合いにもちこむのは






 続いて黒135といくのは白136以下攻め合い白勝ち。かといって、黒135で参考図Rといっても攻め合いは黒勝てない。

 参考図R 黒135でこちらのダメをつめるのは






白136と下がって白はこの攻め合いに負けることはない。

 参考図S 白158で中から先に行くと






 これは、あおきひとしの拙い作文だが、おいおい白逆転してんじゃんか?!う〜む、謎だ。




























posted by 蔵山車理恵蔵 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

第15期竜星戦Gブロック11回戦 △三谷哲也四段対▲彦坂直人九段 黒中押し勝








 □白34までは比較的穏やかな進行。
 □黒35と白模様に打ち込み、黒41までここから戦いが始まる。
 □白は42〜56と自らを補強しながら二団の黒をカラミ攻めにする。
 □黒57とトんでも黒はまだはっきりと連絡しているわけでもなく、ここまでは白のペースかと思われた。
 □白58〜黒71となって、白は右辺の白地を確定し、中央の黒三子の取りも残った。
 □しかし、ここで白72と左辺の黒を分断にいったのが打ち過ぎ。白74に黒上辺を受けず(続いて白78と押さえても実戦の進行のように、左上の黒は死なない)黒75と逆襲されては白の攻撃は空回りしている。
 □白72では参考図Aと左辺の薄みをにらみながら上辺へなだれ込む作戦が有力だった。
 □白76〜黒87と互いに切り結んで戦いは全面対決の様相を帯びてくる。
 □白88は時間つなぎだが、完全なそっぽ。
 □上辺を手抜きされて黒89と急所をうたれては形勢は一気に黒に傾いた。
 □白90〜116は必死の抵抗だが、黒117で攻め合いは黒良し。参考図B。

 参考図A 白72では左右の黒を睨みながら上辺になだれこむのが戦上手。







 白72,74、76とやっていけば、黒も右辺の大石のシノギが悩ましい。

 参考図B 黒117の後攻め合いは一手差で黒勝ち






 攻め合いは「目あり目なし」でも一手差で白勝てない。




posted by 蔵山車理恵蔵 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

第15期竜星戦本戦Dブロック11回戦 依田紀基九段対大竹英雄名誉碁聖








 □黒1〜白58まで、黒番大竹らしい無理のない厚い打ち方で淀みのない進行。もっとも、ネタは『週刊碁』(2006.8.7)の11字42行の400字あまりの囲み記事なので何も書いてなく、とすればあおき程度の棋力では何もわかっていないことにほかならないが、もっともらしくこう書いておく。
 □黒59で始めて大竹が動いた。三々打ち込みで様子を窺う。
 □白60ハネは気合の反発で、以下黒83までフリ替わり。
 □ただし途中、黒71の前に参考図AのようにO-10(白74のところ)の一間トビを利かしておけば右辺中央の黒の厚みが違い、実戦のように下辺を大きく取られてなお中央の黒が厳しく攻められることもなかった。
 □つまり右辺は荒らされても、白80と下辺の黒を飲み込めば白充分。
 □白86はアジ消しのようでも下辺での黒の惷動の余地を事前に消して堅く、白88、90と中央の力関係で優位に立てば大勢は白にあると読んだ明るい大局観がその背景にはある。
 □それは、白94から100、108となったところではっきり形となって表れている。
 □その途中、黒101のノゾキに白102とツケたのが鋭い小太刀の冴え。黒107まで、後手をひいてしまい黒の仕掛けが空振りに終わった。
 □ここであげたポイントを白番依田はがっちりと守りぬいて白番3目半勝ち。
 

 参考図A 黒71では右辺の黒一間トビを利かしておけば中央の厚みが違っていた






 このように黒71と白72の交換をしておけば中央の黒の厚みが全然違っていた。


posted by 蔵山車理恵蔵 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

NHK杯一回戦 △小松英樹九段対▲武宮正樹九段 白4目半勝








 解説:大竹英雄名誉碁聖
 □先番武宮は1、3の二連星から5と小目にカカリ、6〜16となったところでフワリ、黒17の左下隅への五線高ガカリ(?!)。「楽しい。これだけ見れれば満足」と大竹。黒17は本人によれば「前に山城宏九段とやった時に打った記憶がある」とのこと。
 □白18の大ケイマの受けにも黒19、21と悠揚迫らぬ落ち着きぶりは流石宇宙流の本家。白4、18、20、22という25目はあろうかという左下隅の白地を与えてもいっこうに平気らしい。
 □黒23と右辺を三連星に構えてまさしく本格的に宇宙を構成する。
 □白24〜35と白はケイマカカリから三々入り。
 □黒37と六の線を二間に開いていよいよ武宮大宇宙が現実化しようとしている。
 □その一瞬、白38の“クスグリ”(大竹)。6からハザマに飛んで21のカド、何かよく分からないが、大竹によれば気分の出たいい手らしい。ふ〜ん。
 □黒39とツケて40の出と替わり、次の一手はノータイムでその先の押さえかと思われたが、武宮なぜか長考。結局、41と上に裂いて出て42のノビを許す。作戦変更らしい。武宮はしきりと苦笑いをしている。
 □とまれ、先手を得た武宮は黒43とケイマにスベリ、上辺も模様を拡大。
 □白44はノータイムの消し。七線にフワリと浮かんだ宇宙船のようだ。
 □と、黒45と9線のボーシもノータイム。考え出したらきりがないほどむつかしいところだろうに、両者直感と気合で呼吸が合っている感じ。
 □「お互い気持ちよく好きなところへ打って楽しそうですね」と大竹。
 □しかし、白46〜黒61と右上一帯を先手で荒らす。
 □返す刀で城62、64、66の一間を中央にポン、ポン、ポンと打ち、これが楽生きでは早くも碁は終ってしまった。
 □黒67と下からノゾいて脅かし77まで攻めを見せる。
 □白が上辺黒61と75の二子を取り、黒Q-16(白80のところ)と右辺を大きくまとめるフリ替わりかと思われた。
 □が、白78が欲張りの腰の伸びた悪手。
 □ところが、黒79カカエが黒61、75を助けて大きいようだが、白80で上辺と右辺の白が繋がってしまうと黒は何を打ったのだかわからない。
 □宇宙流は一手一手が緊密な大構想の連続で成り立っている。黒79などという地だけの手を打っては“ソッポ”もいいとこ。この一瞬に武宮大宇宙はビックバンを起こして爆発し、ブラックホールへ吸い込まれていった。
 □実戦は二百数十手打たれて数え碁になった(白4目半勝)が、白80の時点でこの碁は終わっている。



posted by 蔵山車理恵蔵 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

第31期碁聖戦五番勝負第3局 依田紀基碁聖対張栩名人・王座 2006.7.27静岡県浜松市ホテル九重 黒2目半勝








 解説:今村俊也九段(『囲碁ジャーナル』BS2)、淡路修三九段(立会人、大盤解説)
 □黒3とすぐカカるのが張栩流。依田の攻撃的な白4,6に我関せず、黒5、7と“韋駄天”を貫く。
 □右上、白8の大斜ガケに黒13と外回りの簡明定石を選択、黒21シマリまでが張のの布石構想。色んな布石を大事な実戦で常に実験する張名人ならではの一着か。黒21は右上の厚みに遠くから応援を送っている、という意味もあるのだが、右上がスソ空きの右辺を地にしようというのは違和感がある、と今村P。黒21では武宮ならずとも下辺の三連星がバランスが取れていて良い、と。
 □で、白22は当然の割打ち。黒23、25の詰めに白22から中央に一間(K-5)に飛べば普通だが、依田は黒21に対抗するかの如く左上星からの白26ケイマ。大盤解説で立会人でもある淡路修三九段は「棋風が反対になったみたいですねえ」と面白がる。
 □黒27がなんともいえない玄妙な利かし。70年前に出現した呉清源の地獄谷みやげの新布石を彷彿させる。「突然新布石の気分になった」と呉は言っていたらしいが...。
 □白28のツケに、控え室では参考図Aが論じられていた。これはこれで相場らしいが、黒39まで実戦の進行のほうがやはり新布石の気分を継承しているようだ。
 □途中白336の三々は微妙な利かし。この先黒からF-5、F-7のノゾキが決まれば左下の黒が強化されて黒37ではなく、B-5とケイマで取りかけにこられる。今なら黒37だから最低コウ生きが残っている。「用心深い依田さんだから、保険を残しましたね」と淡路P。ただし、アジ消しの意味もあり、だから微妙な利かしなのだという。
 □白は右上の貯金が大きく確定地では白が走っている。
 □右辺から中央にかけての壮大な黒模様の真ん中にドカンと打ち込んだ白40。これを見て「荒らし25%で、攻め75%」とは1949年生まれ団塊の世代、全共闘流元祖ゲバルト淡路修三九段らしい表現。
 □黒41のボーシに白は42ツケ以下56とまずはシノギ。
 □黒57は強い手。56の左に押さえて右上と41を連絡しようとするのは、参考図Bとなって黒が一方的な被告になる。ならば、黒57と白の連絡を元から絶って生きていない石同士の競り合いの中から勝機を見出そうという張栩の強い意思の表明である。
 □それで、白58のトビから60のカケが厳しい。
 □それで、黒61とツケ、白62以下を誘って67まで中央に先行し、白が68と一手右辺に手を戻した時に黒69を利かす。
 □対する白70、72が強烈な反発。
 □ここで黒73〜77と今押さえたばかりの69を見捨てて五線を押し切ったのは損を先にする控え室を驚かせた非常手段だったが、続く79〜83が上辺から中央の黒をがっちりつなげ、右辺の白を84と後手で生きさせるなかなかの巧手だった。張栩は「こう打つしかありません」と言い切り、依田も「(右上の黒をせめていたのに、わずかな上辺の実利に惑わされて逆に自らが)白84と生きさせるようではダメ」と、ここの攻防が一局の焦点であったことを局後双方が認めた。
 □続いて黒が85〜89と下辺からの白の根拠を奪って攻めあげたとき、白90〜黒99が黒からのノゾキを避けながら自らを補強した手。先手で一眼を作り、左下隅にはなおコウの余地を残している。
 □しかし白の100はやむなく、その瞬間の黒101〜115が“韋駄天”張栩の真価を見せつけた光速の寄せ。この進行は一方的に黒が寄せまくっているようだが必然で、例えば白114で参考図Dと左下隅のコウを敢行するのは白にコウ材がない。
 □この後も黒は白につけいる隙を許さずがっちりと2目半余した。


 参考図A 黒29大フリ替わり






 控え室ではこのフリ替わりも検討され黒白共に大きな地模様を得て互いになかなかの別れという声もあったが、それは張栩の意図にはなかった。

 参考図B 黒57押さえ〜おだやかに生き生きでは黒コミが出ない






 おだやかな生き生きでは、右上の白地がものを言い、下辺からの白にそれほどの不安がないのなら、白右上で地をリードしているだけに逃げ切りの可能性が出てくる

 参考図C 黒57押さえ〜なまじ強行に黒65、73などと攻め合いに出れば逆に黒取られる






 白62に反発して攻め合いに行くのはかえって黒の取られに終わる

 参考図D 白114で左下隅のコウをしかけるのは白コウ材が続かない






 白114で左下隅をコウにはいけないのだ。











posted by 蔵山車理恵蔵 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

第61期本因坊戦第6局 △山田規三生九段対▲高尾紳路本因坊 2006.7.11/12 黒中押し勝 








 解説:趙善津九段
 □黒21で定石は黒21カカエだがそれでは隅を白に与え甘いと見た。
 □白22でヒキはない。参考図B
 □封じ手だが、参考図55と57の両方が先手で利けば、黒59からの出切りが成立しそうで、白も対応にけっこう悩ましいのだ。
 □[ここより二日目]封じ手黒55〜白60が先手で利き、黒61とハネられては白も62と戻るしかない。
 □ここで黒は強烈な63の下切り、高尾は一気に碁を決めに来た感じ。
 □白64〜84はやむをえないところだろう。
 □黒85は41分の長考、取りかけの気分。
 □何と山田規三生はここで中央を手抜きして86と逆に右上の黒に王手!
 □黒87〜113で左下からの白の大石は死んだ!
 □白114と右上の黒地の急所に置き!
 □黒右上は構わず、115と切り、中央の黒石に保険をかける。「上辺は捨てても、ここに余禄がつけば勝ち」との冷静な判断か。
 □白116と右上を取り切る。
 □黒117と中央に二重の鍵を下ろす。ここさえ崩れなければ、右下や左上の寄せは恐くない、と言っている。
 □「この碁は寄せ勝負で細かかった」というのが、あおきひとし説である。すなわち、「白138、140のハネツギが右辺のまだ生きてない黒の攻めで先手とみたのが敗着である。」「白238では参考図Dのように、二線のコスミ(ハネツギはふつう両先手6目)を打っていれば白1目半残していた」というものである。
 □黒179で、白が投了した段階で、形勢判断。黒地は左下全体104目+右辺3目+アゲハマ2目=黒地計109目。白地は上辺65目+下辺33目+コミ6.5目+手番と右辺の黒を攻めて得る利得=白地計104.5目+白180以降の利得。
 □つまり、白180で右辺の黒(まだ一眼しかない)を攻めて、4.5目の利得を得る自信は白になかったから、白は投了した。

 参考図A 黒21定石では






 定石(1976年刊『基本定石事典』石田芳夫著)は白24まで隅は白地になるというものだが、この場合右下に白4が先着されているため黒25からの戦いに高尾は今ひとつ自信が持てず、実戦の進行を選んだと思われる。

 参考図B 白22ヒキは白取られ






 白22でヒキはない。白46でワタっているようだが、黒53のカケで下辺の白は丸取られ。

 参考図C 白55以下これだけはない






 黒55ハネと57ヒキが先手で利けば、59からの出切りが成立しそうで、白も忙しいのだ。

 参考図D 実戦の白138が敗着、ここでは二線のコスミを打っておけば白勝っていた






 これならば、あおきひとし流のザツな寄せだと白に1目半残る。








posted by 蔵山車理恵蔵 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

第31期碁聖戦五番勝負第1局 △依田紀基碁聖対▲張栩名人 黒半目勝 2006.7.6広島県呉市 








 解説:小林覚九段(『囲碁ジャーナル』2006.7.8OA)、中野寛也九段(新聞解説)
 □のっけから、白2のカカリ。以下黒は次々と空き隅の小目に先着して秀策流風、白は4、6と総ガカリの気配。
 □序盤の早い段階で「1.空き隅>2.シマリ>3.カカリ」なる“序盤の法則”に反して、空き隅を省略してカカっていくのは最近の流行。
 □しかし、それも3手目以降に先着してある一隅を継続して打つ前提として、それに隣接する隅に既に打ってある相手の石にカカって相手の反応を見、その結果としてここ(先着してある一隅)を打つ場合が多かった。その代表例がミニ中国流である。
 □それが変化してきて、カカリっぱなし(先着した個所のシマリに戻らない。相手のシマリを先手で妨害した利かしと見る)という最新の流行は、この張栩名人が日本へ持ち込んだように思われる。
 □つまり、時のナンバーワンの打った手が流行する(他の多くが研究して、実戦で試してみるので流行現象が起こる)のが世の習い、というか、その打碁の注目度の高い張栩こそがまぎれもないただ一人の日本トップ(四天王とか、三強というのは嘘)である証という逆説も成り立つわけである。
 □この世界の公式序列は棋聖>名人>本因坊であるが、その歴史とか、長く就任した棋士の強さなどから名人>本因坊=>棋聖という図式が当今は感じられなくもない。だから、最近の棋聖戦、本因坊戦のタイトルホルダーと挑戦者の顔ぶれをみて、今度のこの碁聖戦こそが、碁聖(前名人)対名人ということで当代の最強者決定戦にふさわしい、という過激な論議も出てくるのである。
 □その当代最強の張栩名人の行く手を阻むべく前名人の依田が、“韋駄天”栩っクンの上を行く総ガカリという意欲的な布石で立ち向かっている、というのがこの碁の構図であるようだ。
 □黒7に至り星に打ったことで総ガカリは避けられた。この黒7で右下もQ-3の小目に打てば白R-5のケイマガカリが予想されこれは総ガカリになる。ということは、黒7ケイマは白の目論見(総ガカリ)を外した一着で、後の黒29の厚いマゲとともに厚くりっぱな一着(小林覚九段)でありながら、後手ではあり、白の言い分を通して一局の主導権を白に渡しているという意味で「序盤は黒良くなかった」という局後の勝者(黒番の張栩の発言ですぜ)の反省がでてくるのである。
 □さて、白番でありながら白8で先手=一局の主導権を握った白はどこに打つべきか?というよりは、どういう発想で白8を打つべきかが問われるところだ。
 □小林Pの教えは「攻め、厚み>守り」だ。うむ、納得。これからは小林覚センセのことは“尊師”と呼ぼうw
 □で、白8、10と左辺での戦いの覇権を唱える。
 □ところが碁とは面白いものである。
 □9のコスミは、かのNHKが“家元制度という今日世界に通用するスポーツ選手(イチローのことか?まさか、あのイジケ虫<ナカータ君>のことじゃないよね)を輩出する礎を築いた日本独自の知的スポーツ育成システムが生んだ精華”=秀策創案の不朽(不急でもあるが)の妙手コスミであって11、13、15と四線を塗りつけられるとアラ不思議、下辺は「参考図Aでダメだよ」と叱られた白地になってしまった。しまった
 □参考図Bを眺めてほしい。この黒17は左辺の広がりすぎた4、8、10という安普請の模様に対する打ち込みというよりは、3-17のラインでは左上白4に対する2-1(当然、有利)の三間高バサミによる攻めになっており、また左下8、10という弱石をやはり17-5、9、11、13、15という鉄壁による攻めになっていて、これはいわゆるひとつの“カラミ攻め”である。白ピーンチ!
 □白18黒19が“いかにもプロ”という威風堂々、がっぷり四つの取り組合い。大相撲なた土俵中央で四つに組んでしばしストップモーション、観客席からは拍手が起こる場面だ。
 □黒19では、白18の下(F-10)にツケて、一戦交えるといういき方もあって、これはこれで一局とのこと。「一時間考えても、どうなるのかわからない」と小林P。うみゅ。
 □とまれ、左辺の戦いは「張栩らしくない」黒29と厚く打って一段落した。
 □それはつまり、上辺にどちらか先に先鞭をつけるのかがとてつもなく大きいからである。白30と三間開きを打って白が安定するのか、黒29は手抜きして放置し、黒30と三間高バサミにして上辺で起こる戦いの主導権を黒が握るのか、の差は天と地とほどの開きがある。
 □が、上辺で起こる戦いはいずれ左辺に浮いている黒石に波及するのは必死とみて、未然に黒29と一手かけたのは「今、日本で最も打てている棋士」張栩の見識であり、「これで遅れるわけではない」という自信の表れである。
 □黒33の詰めに白は34、36と右辺に展開する。これはその昔日本棋院選手権(現在の天元戦の前身)で活躍した大平修三が開発した<隅よりも辺を重んじる碁>だという。
 □勢い、黒は37〜49と上辺を黒地にし、白は48〜60と右辺に巨大な模様をつくるという展開になる。
 □白56と黒57という「お互いに我が道を行く」打ち方は「タイトルを取っている人同士の気合、意地の表れ」だと小林P。
 □このあたり『週刊碁』では白乗りの声が高かったようだが、小林Pは「正直この碁は解説不可能。昨日1日家で調べたが、結局わからなかった」と告白する。依田は「打っている時はいけると思っていた」「結果論だが、右辺の模様化は失敗だった」。張栩は「序盤が悪かった。その後はず〜と形勢不明だった」
 □解説の小林Pは「黒79が中盤の手止まり。白84となって、この幅で白が収まれば、黒良し」と言う。
 □「寄せは両者、ノーミス。どうも下辺、右辺でポイントをあげた黒が、途中差がつまったものの、見事に逃げ切った」(中野寛也九段)張栩名人の手厚い半目勝。

 参考図A 白8は守るところではない






 白2、4、6は忙しく打って乱戦持込みがテーマだから、白8でもその意図は一貫されなければならない。よって、この白8などは論外ということになる。黒9からは“ためにする作図”であってあまりあてにはならないが、“治にいて乱を忘れず”という譬えにもあるとおり、一局の主導権をどちらが取るかというのは少々の地などよりはるかに大事なことである、と知らなければならない。つまり、黒9と先手を渡しては白は左辺での戦いの主導権を黒に握られたことになり、(下辺での安定という白の利得を上回る)良い結果が得られる道理はない。

 参考図B 黒17の攻めに白18以下でシノギ






 白17の段階で左辺は黒=強い⇒攻め、白=弱い⇒シノギという力関係になっている。だから、いったんは18とボーシで脅かしたものの、黒19が“慌てず騒がず”の力強い構えで黒5子(+11、13、15の3子)>白4子という強弱関係は変っていない。だから白20とつけられて黒部分的にはピンチに見えても、21の一子を囮にして白28とやすやすとサバいてしまう。黒29は“張栩らしからぬ手厚い一手”であった。





posted by 蔵山車理恵蔵 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

第26期NECカップ一回戦第6局 △依田紀基九段対▲山下敬吾棋聖 黒中押し勝 2006.6.17金沢








 解説:小林覚九段
 □黒が両目外し、白が高目と目外しと“奇妙な”陣形。「碁打ちは常に可能性を探っている表れです」と小林覚九段。
 □左下で白が大斜に誘った理由は左上隅の白三子の壁を活かしたいから。参考図A常識的な黒27一間は白28、30が名調子。
 □黒37ハネは頑張った手。
 □だから、白38では切ってみたかった。参考図Bとなれば壮大な白模様が好ましい。かといって、黒39で参考図Cの右当ては黒自滅する。
 □実戦の白38黒39となれば無理が通ったかっこうで黒良し。(J-7の断点を狙い、後に黒47まで踏み込める足がかりになっている)
 □黒47とここまで踏み込めるのは、白38黒39交換でここに断点ができているおかげ。
 □白48黒49となれば、黒はずいぶんな利かしだ。
 □黒51は参考図Dと中央から詰めたい。黒13、29、49は隙のある形なのでそれを補強しつつ、白を黒がしっかりしている右上隅に追い込むほうが良い。
 □黒53は荒らせるだけ荒らそうというもの。
 □白54と遮って大きく黒を攻める。
 □黒55〜75まで互いに手筋を応酬。
 □白76敗着。参考図Eなら左辺黒五子は取れている。
 □実戦の白76では黒77〜白90でコウ。
 □黒は91、97、103と近所コウが多い。
 □白は104ツギで妥協するが、黒105で左下隅の白地変じて黒地に。「出入り50目の損」(依田紀基九段)万事休す、である。

 参考図A 黒27一間は白の策略に嵌る






 白28、30で左辺は全ての白石が連動して黒を包み込む感じが好ましい。

 参考図B 白38と切ってみたい






 黒が下当てから這いなら、塗りつけて中央の白模様が四線とはいえ確定地を増やすだけの下辺の黒地よりも優る。

 参考図C 黒38右当ては成立しない






 黒38右当ては逆に下辺の黒が取られてしまう。

 参考図D 黒51攻めは弱い石から






 黒13、29、49は薄いのでその補強をかねてこちらから動くのが棋理というもの。

 参考図E 白76で左辺は白地だった。






 白76でこのように中から動いていれば黒を切断できた。












posted by 蔵山車理恵蔵 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

第54回NHK杯一回戦 △円田秀樹九段対大竹英雄名誉碁聖 白1目半勝 2006.7.3OA








 解説:林海峰九段
 □白18〜黒21はこう打つ所。
 □白22、24は薄い。
 □黒23、25が鋭く、白26〜30は止むをえない。
 □黒31のツケで白まいっている。
 □白32〜51で右上隅がよい地になった。
 □白52は大場。
 □黒53、55は、後の狙い(左上の白を攻める)が遠く、ならば後手12目の寄せに過ぎず、モノが小さかった。
 □その左上の白に援軍を送りつつ、左下からの白模様を広げ、あわせて左上の黒を低位に追いやる56の肩ツキが絶好だった。
 □黒は57〜93と出切っていったが、これが意外に眼形に乏しく苦労することになる。
 □その間に白は88、94を打ち、左下〜下辺がいい白地になってきた。
 □95は軽い気持で利かしたつもりが、96、98と反発されると黒は99が省けない。
 □白100とツケて一応ここは白が制した形だが...。
 □黒101、105と下辺に手をつけていくが...
 □白106、108が来ると黒も111と右辺を生きねばならず、
 □白112と黒101、105を切断してしまった。
 □勢い黒も1133から119と出切っての反発は...
 □白120カケから黒123のフリカワリとなる。
 □黒131、133のコウが本局のハイライト。
 □コウ材は黒乏しい。
 □それで、白152のコウ立てに、黒153、155と反発して中央の石を下辺の孤立した黒二子とつなげモノを大きくするが、黒163から166とこちらもコウになるようでは苦しい。
 □結局左辺175、177の連打との交換で白は176と右辺のコウを解消。
 □中央の黒も二眼作っている間に、白に右辺を白180、186と先手で齧り取られ、待望の白190ツギにまで回られては白が逆転したようだ。


posted by 蔵山車理恵蔵 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

第26期NECカップ一回戦第5局 △山田規三生九段対▲羽根直樹九段 黒中押し勝 2006.6.17金沢








 解説:小林覚九段
 □白6は近年の発想。「昔とはずいぶん碁の考え方が変わってきましたよね。ボクが習った頃は相手に両ジマリを許してはいけない、って慌ててもう一方の小目にカカったものです」と小林覚九段。
 □黒7〜白16は右辺を先手で切り上げて左上17の両ジマリに回ろうというもの。
 □途中白10はこの一手だが、後に黒23に入ってごっそり荒されると地に甘い。この反省から、山田規三生九段は本因坊戦第5局で似たような状態の時、三線のケイマジマリを打っている。参考図A。
 □白20で山田の手が止まる。一局の骨格を左右する大事な一手だ。右下の白10を意識した三線の一間バサミも考えられなくはなかったが、20と最も地に辛い“石の張った手”を選択した。
 □対する黒21は二間開きなら普通だが、それだと白22の詰めがピッタリとはまる。それであえて四線の大ケイマに打って軽いサバキを目指した。「黒21ではM-3の右下隅の白10のケイマガカリまで迫ってみたい」と小林覚九段。この辺は両対局者間合いを計っている様子が窺える。
 □白22に黒23〜31と羽根はドライに地を稼ぐ。
 □白32では参考図Bのようにカラミ攻めにしたかった。
 □実戦は黒33がりっぱな一着で、参考図Bと比べると黒に余裕が生じている。実戦でも白86とカラミ攻めにあうのだが、その時参考図Bなら右辺は死んでいたであろう。それが参考図Cである。
 □白34〜40は白の攻めだが、黒は右辺に先程33が打ってあるのでシノギには余裕がある。それで黒41と左上から詰めて白42のトビを誘い、その調子で43と力を蓄えて逆襲すら窺う余裕がある。
 □白44の打ち込み以下黒47までは勢いというものである。
 □ここで、白は48と下辺の黒に覆い被さって、にわかに局面は慌しくなってきた。以下黒59まで戦線は拡大、ひと波乱起きそうな展開だ。
 □白64で参考図Dの上ハネは白左辺と連絡できているが、黒から左辺のワタリも残り、上辺の黒の地模様の幅が申し分ない。
 □白66で94なら穏やかな分かれだったが、66、68は最強の路線で、全面戦争に突入した。
 □白78〜82が“筋に入った”格好。
 □黒83、85で左上の白四子は取れるが、白86が大石ふたつを裂いた必殺のKOパンチ。
 □黒87〜93と逃亡を計るが、白は94と上辺黒三子のシメツケの味を狙いながら106と露骨に襲い掛かる。これで黒大石は“鍋に入った?!”
 □黒107〜白124で最低限の黒生きのメドは立った。(白108はF-4ハサミツケなら黒の生きは苦しかっただろう)
 □黒125には参考図Eの白118なら黒の苦戦=もがきは続いていただろう。
 □黒125に白126〜黒137となっては中央の黒は二重に生きてしまった。
 □中央と右辺の黒が相当の地を持っていきてしまえば、左上を取られた白は負けである。

 参考図A 黒23のケイマジマリは地に辛く隅を一手で済まそうという発想






 この対局(NECカップ)の12日後の本因坊戦で山田規三生挑戦者は参考図23と地に辛く隅を一手で済ましまった。普通は一間に開き、上辺左の白へのいっぱいの開き詰めと、右辺の黒5から中央に一間に飛んで右下の黒の地模様を固めつつ右上白の封鎖を見合いにする(あるいは両方ともに先手でうてるかもしれない)のが本格的なスケールの大きい発想であるが、この対局を教訓に、早い段階での白からの三々入りを嫌ったもののようだ。

 参考図B 白32では右辺とのカラミ攻めにするのが碁の法に叶っている






 実戦の白32は部分的にはこの一手だが、その前に忙しく右辺白32、34を決めてから打つとカラミ攻めになって棋理に適っている。

 参考図C 参考図Bを決めて以降実戦と同じ手順で進むと白94で右辺の黒は死ぬ






 参考図Bの白32、34の決め付けがあると、以降実戦通りの手順で進行すれば白94で右辺の黒は死ぬ。

 参考図D 白64上ハネは黒歓迎






 白64の上ハネは白、左辺と連絡ができるが、黒の上辺の幅が申し分なく、左辺の黒のワタリの味もあり、中央も厚いので黒満足。

 参考図E 下辺白108と中央白118なら、黒は生きるのに苦しんだ






 白108に打てば下辺はコウだし、中央も白118で黒の包囲網は成立している。






posted by 蔵山車理恵蔵 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

第61期本因坊戦七番勝負第5局 △高尾紳路本因坊対▲山田規三生九段 黒中押し勝 2006.6.26/27








 解説:石田芳夫九段、王銘エン九段、加藤充志八段
 □黒の中国流から、白が下辺6、8と下辺を占め、黒が左上カカリから三々入り、すると今度は白が右上にケイマカカリから二間に開くという、やや古典的な布石である。
 □白20のカカリは上辺からが普通。白はそれだと黒47あたりのぼんやりとしたハサミツケを嫌ったものか?
 □それでも黒23などは隅を一手で打ち切るドライな現代流だ。普通23では一間に高く開き、上辺K-17と右上の白にいっぱいに詰める手と、右辺の黒5から中央への一間トビ(P-9)から右上の白の封鎖を両睨みにするところだと石田芳夫九段。
 □それで、高尾も地合いのバランスを考えて、黒25、27にいったん手を抜いて白28〜43と先手で中国流からさらに黒7と一手かけた右辺下の黒の地模様と見えた所を、コウ自慢をいいことに、先手で荒らし4目の確定地をもって収まり、白44と手を戻す。この右下の分かれは控え室でも評価が分かれた。王Pは「黒、面白くない」説。逆に加藤Pは「黒の我慢に感動」とさえ云う。
 □山田が左上(の黒地=三線で低い)とのバランスから右下は黒45とケイマに受けるのにあわせ、白46ケイマと名調子である。
 □ここで山田“ブンブン丸”は怒り、黒53、55と剛直に左辺をまとめようとするが、高尾は白56、58のツケハネから一転、60、62とこのライン(黒の四線と白の五線)で手を打つ算段。“三段扇子”のあおきの理解を超える高等テク?!参考図Aのカケツギではダメなのか?
 □黒63の意味がわからない。どうして普通に参考図Bと四線を引いて左辺を黒地にまとめないのか?これだけでは不満なのか?それとも白からなにか手があるのか?
 □とまれ、黒63と不可解な手の次の白64を高尾は封じた。
 □あおきの封じ手予想は白64でC-10アテ。参考図Cのコウはコウ材白有利なので戦える。白アテをふたつも利かしてツギツギの寄せ⇒囲い合い(参考図D)になればコミがかりで先番の白有利な半目勝負の一点買い。三連単で万馬券必死!(ここまでは、第一日目に記述)
 □[これより二日目]封じ手は予想外の右上白64ハサミツケ。だが、この手はT-16の一線での遮りと替われば白は右上隅で後手で生きねばならず、すると上辺の黒が固まり、その結果左上の白が弱くなるという理で否定的な声が高かった、らしい。
 □だが、高尾には高尾の言い分がある。(以下はあおきの結果論からの推測なので眉唾)「白64は左辺同様、様子見である。近い将来上辺で起こる戦いには、この時限爆弾が上辺の黒の目を内側から奪うことを狙った利かしと考えればよいのだ。黒が一線に下がるならいったんそこはおいておいて、他に回る。黒も二手かけてまで取り切る余裕、度胸はないだろうし、だったらここは寄せの最もよいタイミングで打てばよい。」という高等戦術。つまりは、上辺の頃の動き出しに備えた仕掛け作りであって、左辺も同じ発想だ。
 □案の定(ということは、高尾の目論見通りに)、黒は65〜69と動き出した。
 □とすれば、70と71を交換すれば、上辺の黒は目が怪しくなってくるので、白72ノビには後手で黒73と上辺を生きなければならない。
 □ということは白は封じ手の白64以降から数えて先手で右辺と右上隅が連絡したことになり、これは隅の黒地の目減りもさることながら隅の一眼がモノを言って右辺の白がいつのまにか立派に生きてしまったことを意味する。
 □されば右辺は上下に白石が完全に生きているわけであり、必然的に右辺の黒模様の断点(黒29と39の間)が黒の一方的な負担になってくる。
 □だから、遡って、白64の時直に黒65と動き出したタイミングが問題になってくる。左辺と上辺は睨み合いの関係にある段階で先に動いて旗幟を鮮明にしてしまったのは、敵に攻撃目標を与えて時期尚早ではなかったか、という論理である。
 □というわけで、白72と73の交換をした段階で始めて控え室では「白乗り」の声があがる。中空で揺らいでいた天秤棒が白側に始めて傾いたのである。
 □もっとも、白64〜黒73の間に、黒も65、67、69と一応不安定ながらも周囲の白も強固とはいえない中で打ってはいるわけで、、ここでの彼我の力関係を考えて白は白74〜黒85を決めてしまう。
 □つまり、左辺は黒模様の中でコウ(コウなら白は近所コウも多く楽生きはできる)で生きる道もあったところを、左辺は黒に地を与えて、そのかわり五線に六本這って外壁を固め、中央の黒の浮き石の攻め一本に絞り、あわせて上辺の白の薄みもカバーしてしまおうという心算だ。
 □ところが、この決め付けが外野の評判が芳しくなかった。高尾本人も「白74の前にG-14に両ノゾキ(参考図E)して黒の応対を聞いてからでも左辺の始末は遅くなかった」という反省の弁がある。
 □参考図Eと上をタケフについで戦っても黒芳しくないので、黒75では参考図Fと右側をツグ。これが、この時点での両者ベストの進行で中央はフリ替わりとなり両者は一気に安定する。ここの得失は両者まあまあで、先手の黒は下辺の打ち込みにまわるが、白は仮にふたつにわかれてもここでそう大きな被害を受けることはかんがえられず、となれば、左辺のコウ、右辺の切りとデカイ狙いがふたつも残っている白により楽しみの多い展開であったかと言われた。
 □つまり、実戦の白74〜85と白が左辺を捨てて取り組んだ中央の戦いは白に勝機はなかった、という断が下ったのである。
 □事実白74〜黒85を決めてからの白86、88のノゾキは左辺が決まった後なので黒87、93というこんにゃくのような対策も立てられて、これがなかなかなのである。
 □しかも、左辺は五線に六本壁といっても黒57に突き出した黒石ひとつが光っている。おかげで、下辺の黒89、91、95の荒らしも楽々と打て、しかも後に実現する中央との連絡(黒123)(の可能性)もあるのだ。
 □とにかくこのあたりは勝負に直結する、死活がらみの険しい読み比べなのだ。
 □なりゆき上白94とボーシするが、97とケイマに受けられて中央の黒は楽生きのムードが出てきた。黒57、95、97の三角形かなにやら左辺の白を包囲している観もありここでは「黒乗り」説が俄然有力になってくる。
 □その時に出た白98、100、102のコスミ、ハネ、切りの“三点セット”が白の用いた非常手段だった。白104の頭ツケが黒のシチョウを防いだ“鬼手”で、以下110まで黒は白104の一子を取りこみ、白は黒101、103を切り離した。
 □そこでいよいよ、黒は111とここを切断する。中で生きれるのか、上下どちらかの白と刺し違えるのか、その選択権は白にある。
 □白112は最強である。参考図Gの白112(実戦の黒117の所)に出ていくのがこの攻め合いの急所である。これは戦いではなく第一回目の和平策であるが、検討に値する有力策だった。といっても、これは形勢不明なのであるが。(局後の検討では高尾は「白悪い」と言った模様である。)
 □というのも白は実戦の白112と強攻策を取り続けたものの、結局黒123のツケにはふんばることができずに白126と取って妥協(白九子と黒三子の交換は明らかに黒の儲け)し、白130と上辺に手を入れて黒131のツギを許し(白130で131と切って先に儲け、上辺はシノギ勝負に出るという博打もありえた。その攻め合いの上辺白の生き死にの確率は五分五分)という具合に肝心の勝負所で後退策を取って、それで形勢白悪い(盤面十目黒良し)では話にならない。
 □いずれにせよ戦争か平和か、それを選ぶ権利は白にあった。
 □和平策の第二の機会は白18で参考図H上辺ツギである。
 □そして和平策の最後の機会が白122で左上を捨て、中央の白に手を入れようというもの(参考図J)である。
 □上記三つの和平策は112>118>122の順で、白により形勢が良いようである。つまり、どうせいつかは戦(いくさ)を止めて手打ち式を行うのなら、その機会は早いほうが、この碁の場合より有利な条件で休戦条約が結べたということだ。
 □ところが実戦はKO勝ちを狙って戦いを引き延ばした第4ラウンド、黒123のパンチが飛んできた時、白が行ったことは“転進”!太平洋戦争におけるガタルカナル島の攻防のように“矛先を他所に向ける”とは言葉のアヤであって、実際は降伏(無理に反撃すれば、参考図Kの経過を辿り、上辺の白が壊滅する!)だったのである。
 □ここで実質的に勝負は終わっているのだが、最後に白130で右辺の黒を切り取って莫大な利益をあげて地所で黒を上回り、上辺はシノギに懸けるという博打(確率は49%)が考えられた。参考図Lのようにコウになれば高尾も見せ場がつくれたのである。
 □実戦は上記三回の和平のチャンスをことごとく逸し、攻勢にあった筈がいつのまにかずるずると後退を余儀なくされ、一打挽回のバクチを打つ機会も逃してあえなく白は土俵を割ったのである。
 □なまじ、勝つチャンスがあっただけに優勢での和平、劣勢での乱戦、それらのどの戦機をも捉えることができずにジリ貧に回った、高尾にとっては悔いの残るゲームではあったのではないか?

 参考図A 白56、58とした以上、白60ではカケツいでコウ生き






 白60カケツギからは、コウになっても近所コウも多く生きは楽に見えるのだが...

 参考図B 黒63で常識的な(白の要求でもあるだろう)四線のヒキでは不満なのか






 黒は左辺が四線で37目の地がまとまるのは不満だというのか?それともここは白から手が生じるというのか?よくわからない。

 参考図C 封じ手は白64アテ、コウ自慢 コウ突入編






 白64のアテに黒もコウで対抗すると、白は左上と右上、それに近所コウもあり徹底抗戦して頑張り切れるとみたが...。

 参考図D 封じ手は白64アテ、コウ自慢 黒コウを避け、和平⇒囲い合い編






 右下隅への白の打ち込みでは、コウ材豊富を背景に白がコウを誘って黒はその挑発に乗らなかった経緯があり、ここでも白64アテにいくというのが第一感。ここでも黒が譲り、白カケツギと穏やかに治まった図。以下双方囲い合いになれば半目勝負の様相に。

 参考図E 白74では中央を両ノゾキして応手を打診する






 白74では、左辺を決めずに、こう露骨に両ノゾキして黒の態度を打診するのだった、と高尾。結果論であるが、黒も今なら黒75タケフにつぐしかなく、それなら白76と黒の二間の薄みをケイマで破り、先手を取ってここで開戦してしまおうという作戦である。ここが急戦になった場合、左辺は決めてないほうがダメの具合もあって白には都合がよい、という発想である。

 参考図F 検討結論=白74ノゾキに黒75ツギがベストだった。






 局後の検討では白74ではこの両ノゾキ、黒はタケフでは戦いきれないとして75ツギ以下のフリ替わりが、ベストの進行であり、白有望のラストチャンスだった、ということになった。黒先手で下辺の85打ち込みに回るが、下辺の白はサバキが楽だし、タイミングを見ての左辺をコウにして根こそぎ荒らす展開と右辺の二子切りという大きな楽しみが残っていて白望みが持てる図だという。つまり、実戦の白74〜85を決めた瞬間に白勝ちは無くなったという厳しい判断だ。

 参考図G 白112は有力な和平策






 白112は和平提案である。左辺に多大の投資(白二子を捨石にして左辺を黒地にした代償に白は左辺の第五線を六本塗りつけて壁をつくったこと)をしてから開始した戦いを、黒111と切られて決戦の火蓋が切られたトタン休戦に持ち込むというのは気合が悪いようであるが、白72黒73の交換で得た白の利得で全局をリードした状態で和平を図るのは、僅かなリードを確定して終局へ歩を着実に進めるという意味では大人の態度というものだったかもしれない。白が中央の白を生きれば、黒も中央を生き、白が上辺の安定を計れば、黒も中央〜右辺の嫌味を消す、という按配で、先手を得た白が下辺から大寄せに回れるのである。

 参考図H 白118徹底的和平策






 白118は117に次ぐ眼形の急所で、ここに一着あれば上辺の白の生きは容易である。仕方なく黒は中央を生きることになるが、そうすれば中央の白も生きて、参考図Fには劣るものの、これは優位のままに休戦に持ち込む第二の機会であった。

 参考図J 白122左上は捨てて中央をまとめる






 白122では左上七子は捨てて身軽になり、その替わり中央の白を強化すれば容易には負けない、かもしれない。(まあ、それは控え室の無責任な観測であって、高尾はとうに読んでいたのだろうが...)

 参考図K 黒124で反攻は白壊滅






 黒117、121という彼我の眼形の急所をふたつとも黒に占められてからの黒123の攻めの段階では中央の力関係が逆転([白>黒]⇒[白<黒])していて、白124、126と左辺の白を助けても、中央が決壊して上辺あるいは中央の白が大きく取り込まれる。

 参考図L 白130は右辺を取り切って上辺はシノギ勝負






 上辺はシノギ勝負に出て、コウにでもなれば勝負の行く末はまだ不明(勝率49%?!)ともいえる。少なくとも、実戦のように決戦を回避し続けて戦機を逸するよりははるかに可能性がある。






posted by 蔵山車理恵蔵 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

第54回NHK杯囲碁トーナメント一回戦 △柳時薫九段対▲金秀俊七段 黒中押し勝 2006.6.25OA








 解説:趙善津九段
 □右上隅が白4〜8となった時、金は手を抜き、黒9、11と左上〜上辺に展開する。
 □白12は省けないが、黒は13と白10を挟んで先制攻撃をかける。
 □白14〜18は黒の攻勢が効を奏している格好。
 □黒19のカケにこれ以上の屈服は耐えられないと白20、22、24と出切るが、黒25の突き当たりが落ち着いた“場合の一手”。封鎖と左辺のツケコシを見合いにしている。
 □白26〜36は白30が重複気味で、上辺左上隅を制してはいるがコウ残りで気持ちが悪い。
 □黒37〜白40はこんな相場。
 □黒41〜57と右上の白に手をつけていく。
 □白60と肩ツキで白を寛がせたとき、黒63〜65が険しい攻めで、白も66割り込みで応戦するが、黒67、69で左上隅が懸案のコウになる。
 □結局コウは白がツギ、黒は77、79の連打となる。
 □白も80と上辺の白を動き出し、上辺から中央にかけて黒白ふたつづつの弱石どうしの険しいつばぜりあいが起こる。
 □途中黒85とついだのが頑張った手。左上隅の白への手段を見て左辺〜中央の攻め合いの味を見ている。
 □白86〜91と先手でシボリ、92、94と左上隅を一応制した格好。(だが、後に実現するが、左辺の白が一手かけてセキにすると、それは左上隅に波及して隅の黒石の逃げ出しが残ることととなった)
 □そこで黒も95とトビ出して一息ついた。
 □すると白は96=上辺、98、100=中央とシノギに忙しい。
 □黒101と左辺を生きにかかったとき、白108、110という右辺と中央の白の補強は必要だが、その前に白102〜黒105の割ツギをきめたのが大問題だった。
 □ここのダメが詰まったため、上辺は白106〜122とあがいても、黒123の打ち欠きで死んでしまった。
 □白124〜黒131は左辺の白をセキにして黒地をゼロにしたものだが、その間に黒127に石が来たことによって左上隅の白地に黒からの手が生じ、中央黒29のコスミがきたことで中央の黒がずいぶん楽になっている。
 □黒131の時点で形勢判断。黒地は上辺42目+左辺10目+右下9目の計61目。白地は左上6目+中央6目+左下10目+右辺22目+α+コミ6.5目の計50.5目。
 □結果論からすれば、上辺の白が死んだ時点で勝負はついている。しかし、この時点では確定地で黒のリードは10.5目に過ぎないともいえる。
 □次の手番は白であり、中央の薄みを睨み(中央の黒石は死ぬことはないが、攻め合いになれば、上辺の白を取るのに10手手数がかかり、これは是非とも避けたい事態である)つつ、右辺の白の地模様の拡大を計りながら右下の星の黒を攻める、という一石三鳥の手があって、傍目にはまだまだ先行きはわからないと思えた。
 □事実、白132のカカリに、黒135と中央の黒を寛げ、白138の両ガカリを許した時点では右辺と下辺の白の地模様がぐ〜んと盛り上がり、地合いでは白逆転したかに見えた。
 □しかし寄せでの黒の頑張りが凄かった。
 □黒149は解説の趙善津Pも驚く踏み込みであり、白176となってみると黒は先手で右辺の白地を大幅に削減(黒149で右下169あたりに手を入れて、白150押し上げから先手でまとめる34目がなんと22目に目減りしている!)してる。
 □また白180の時点では30目近いかと見えた下辺が、黒213の飛び込み(白214で参考図Aと左側を押さえても右側と攻め合いになる先手寄せとなり、無駄はない)と、233のケイマという鮮やかな寄せの妙手によって24目にまで目減りし、その裏では左下の黒地が当初見込みの10目から22目と大幅に増加しているのだ。ということは左下一帯で黒は出入り18目の利を得たことになる。
 □黒253を見て柳は投了したが、この後寄せれば10.5目差で黒良しとなる。

 参考図A 黒213は無駄のない先手寄せ






 白が214で左側を遮っても、右側との攻め合いにもちこんで、無駄のない先手寄せになっている。


posted by 蔵山車理恵蔵 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

第15期竜星戦本戦Aブロック10回戦 △小林光一九段対▲羽根直樹九段 白9目半勝








 □先番の羽根がジックリと手厚く打ち進めるのに対し、小林は全局を足早に立ち回る作戦。
 □羽根が黒43まで右下に手をかけている間に、白30,38、44と大所へ先行。全局的には白に不満がない進行。
 □黒67,69、71と上辺で白を分断していったので、急に険しい局面に。
 □白は90までと黒四子を飲み込み、黒は99までと左上隅の白を制する派手なフリカワリとなった。この交換は白地18目と黒地26目の交換で、黒儲けたようだが、白が黒を完全に取り切って安定しているのに対し、白は72のところに切りが入っていてこれが動き出すと中央の黒三子が浮き上がる仕掛けになっているのが白の狙い目。
 □ここで、形勢判断。黒は左上隅26目+右上隅10目+右下12.5目で計48.5目。白は上辺18目+右下隅2目+左辺16目+コミ6.5目+左下と中央の味で、計43.5目+左下と中央の味ということで、この五目差と白の権利の“左下と中央の味”が今後どうかかわりあってくるかが見所だ。
 □果たして白は102とただちにこの白を担ぎ出す。狙いが下辺の黒とのカラミ攻めであるのは言うまでもない。
 □白114(これがF-14引きではなく、ノビであるところがプロの凄みだよなぁ)までで上辺での戦いは一段落。
 □先手を取った黒は115とツケ、戦いは下辺へ移った。
 □白124、136と白は中央〜下辺の黒を上下に分断する。
 □黒137のアテに手抜きしての、白138と封鎖したのが強手。これで下辺の黒は白の包囲網の中に孤立することになった。白の勝着である。
 □だから、黒137では参考図Aととにかく下辺を逃げ出さなければならなかった。
 □白138と封鎖されては下辺の黒は苦しい。
 □黒139ではともかくコウを決行したかった。参考図Bである。これなら黒は中央に最低ふたつは近所コウがあるからこのコウは黒勝ちになる。そのかわり中央は白に与えることになるが、白の得た20目以上のものを黒は下辺で得ている筈である。
 □つまり、下辺の黒は出入り50目なので、参考図Bは黒楽勝である。
 □ところが実戦は黒139、141,143を使ってしまってからコウに入ったため、下辺は白のもの(白50目得)、コウガワリの右下隅の白取りは黒42目得、この差し引き8目差がそのまま勝負に直結した。

 参考図A 黒137トビで下辺を逃げる






 黒137と下辺を逃げておけば、中央は白138の切りが来ても、黒139ノゾキがうまい手で下辺、中央の黒はともにシノいでいる。

 参考図B 黒139ではともかくコウ






 黒139の時点でコウに持ち込めば、黒は中央に二コウある。白は144のノビの一コウしかないから、このコウは黒勝ちになる。そのかわり白156、158の連打を許し、白は中央の黒を取るが、このフリカワリは黒悪くない取引のようにおもえるのだが、どうだろう。



 


posted by 蔵山車理恵蔵 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。