2006年11月16日

第54期王座戦五番勝負第2局△山下敬吾棋聖対▲張栩王座 307手完 白1目半勝 2006.11.16








 解説:結城聡九段(産経新聞解説)
 □黒1〜4は最近の流行。先程の張栩自身の名人戦でも行われている。
 □白5の三間高バサミ以降黒21までは、よくある定石のひとつ。
 □白22が山下の工夫。「初めて見た」と結城P。普通は参考図A
 □黒23の押さえから25のハサミが厳しい。
 □白26〜黒31は黒の低位のワタリ対白の今ひとつしっかりしていない厚みという互いに形の決まらない難しい戦い。
 □ここから白114まで、一手打つ度に打ったほうが良く見えるという一気呵成の「アマチュア受けのする」激戦が続く。
 □まずは、白32ツケが右上の黒の分断を狙った鋭いツケ。ここから戦いは一直線に全局的に進んでいく。参考図Bの黒33でただちに下ハネは上辺の黒と白一群同士の戦いになり、ここでの力関係は白>黒で黒が苦しい。
 □白34でもハネはない、という。参考図C参照。
 □プロ同士の対戦というものは、このようにして険しい戦いの読み(とその形勢判断の悪い方からの回避)を秘めながらぎりぎりの険しい鍔迫り合いを演じつつ、結局は見かけは案外おだやかなところに行き着く。ここの部分でいえば、白32〜44がそれで、一段落の気配である。
 □しかしよく見れば、ここの部分は白黒ともに一息ついたというだけで、完全に生きた、というわけではない。
 □したがって、黒45とひとつ押しておいてから、黒47と一気に上辺の白に攻めかかる。これが21世紀の碁である。普通の20世紀式なら堅実に参考図Dの道を辿る筈なのであるが...。
 □実はこのあたりでは上辺を制した黒が有利というムードが控え室では漂っていたらしい。あくまでそれはムードであって、実際はそうでもなかったことが後になってから判明してくるのだが...。
 □黒が一足飛びに47、49と上辺の白に攻めかかれば、白も気合で上辺は知らんフリをかまして、48、50と逆に右辺の黒に逆襲する。牙をむいた獲物といったところである。
 □白50〜54と右辺で白が治まれば、右上の黒も単独での生きはない。
 □そこで黒55、57と首を出している間に白56、58と連打され、上辺の白が復活するという、アマチュアには「なっ、なんなんだ、これは?!」という一大フリ替わり騒動が起きた。しかしこっれはプロにとっては相場の進行であるらしく、結城Pも想定内のことと見え何も言わない。
 □ただし、黒59の取り切りは必然としても、参考図Eの一見愚形の取りが良く、後のことを考えると天地の差となった。黒の敗着と言って過言ではない、らしい。
 □白62、64といったん出口を塞がれると黒65の備えが必要で、とするとこれなら59は一路上にあるほうがよい理屈(白二子のダメを詰め、又白30の一路上からの刺し込みも無い)である。
 □こうして先手を得た白が打った66がやたら評判が良かった。右辺の生きている白石に更に一手かけて鈍重なようだが、「白の右辺を盛り上げつつ、中央の白の薄みを補い、しかも実は右上の黒の出口を封鎖する手(=白74で後に実現)を狙っていて極めて厚い一着なのだそうである」。黒59が敗着ならば、白66のこの手を勝着と呼んでもいい位だと後から言われた。なるほろねぇ。
 □実際、白22ハサミから上辺〜右辺〜中央と拡大していった戦いは、この直後黒67〜73と上辺の黒の中央突破を計ったものの、白74のカケがくると右上の黒は中央への出口が止まっていて、75、77という屈辱の後手生きを計らねばならない。
 □更に上辺も黒81と手を戻している間に、左辺の白は84、88と寛ぐ始末。
 □黒は91、93から97〜101と決死の猛攻を左上の白にかけるが、白102の緩みから114が絵に描いたような鮮やかなシノギでアッサリ生きてしまえば黒有利説は吹っ飛び、にわかに形勢不明、いや白形勢有利説まで出てくる次第。
 □焦ったのか、黒、右下117から白132が評判が最悪。黒の敗勢が明らかになってくる。
 □黒133などと後出しの細工は通用せず、白134のハネまで決められると、黒は上辺と右辺がカラミ攻めになっている。
 □結局黒145に手が戻り、白146のカケを先手で決められては、右辺の白と黒の力関係は圧倒的に白有利。
 □勢いをそのままに、白はその後も押し切って勝利した。

 参考図A 白22は普通は押し







 このような進行になれば常識的。

 参考図B 黒33でただちに下ハネはない







 白40まで、上辺の白の一群は形は不安定ではあるが、力関係で辺に閉じ込められた黒の一群よりは強いという。(無論、「プロなら一目」というレベルの話であって、あおきレベルだと「黒が玉砕覚悟で必死の形相でハザマを割ってくればどうなるんだい?」という自然な質問にもう答えられないんであるけれども...orz)

 参考図C 白34でハネはない







 白34ハネは白の一子が取られて上辺の黒とも連絡してしまう(低位ではあるが)ので黒満足だという。まあ、このあたりの形勢判断はプロの対局だけに、微妙でアマチュアには容易に結論がでない、難解なもんですよね。数字にしても数目の差でしかないというし。

 参考図D 実戦の黒47は飛躍。普通はこのように堅実に







 実戦の黒47は飛躍した発想。普通ならこのよう(黒47、49)に順を追って安全を確かめながら二手かけてノゾクのが堅実だとされる。しかし、二手かけた、ということは石の重複でもあるわけで、それならば上辺は軽く見て(とりあえずは死んだフリをしておいて)、白50と右辺の黒一団に「まだ生きていませんよ」と攻めかかろう、というのが現代流の険しい碁の流れというものであるらしい。ふ〜ん。ついていけないや。

 参考図E 黒59は愚形が優った







 結果論であるが、黒59の白二子取りではこの愚形が優った。というのは後に実現するように、白から白30の一路上の刺し込みから黒の種石黒7、11の二子が取られるという大事件が起こったからである。





 
posted by 蔵山車理恵蔵 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

第32期天元戦五番勝負第2局△河野臨天元対▲山下敬吾棋聖 157手完 黒中押し勝 2006.11.13








 解説:王銘ワン九段
 □黒7では上辺との関係で、こうナダレてみたくなるもの。以下13まで簡明な分かれ。
 □白14の大ケイマガカリに黒15コスミは「山下らしくない」と立会い人の林海峰名誉天元。参考図Aなら「山下らしい?」
 □黒17のいっぱいの詰めはこの一手。
 □白18が頑張った手。参考図Bならおだやかな分かれだが、この碁では序盤は黒おとなしく、白が意欲的。
 □白22で参考図Cとツギたいが、参考図Dがあって白が参っている。だから白22〜32はやや白が譲歩した気味がある。
 □黒33もバランスを重んじた一手。王銘ワン九段は「僕なら右下星にいっぱいにカカルけどなあ」と。
 □白34は急所の打ち込み=攻めだが、黒35に隅を受けなければならないのが辛い。白手抜きは参考図E。
 □黒39はワタリを見て案外“シャニコイ”攻めだ。参考図Fなら、激しいようでも生き生きとなって案外おだやかな分かれになる。
 □白40では参考図Gが穏当なライン。しかし、この図は受身一方で河野天元の意にそまなかったか?
 □実戦は白40押さえ〜48と白が高圧的に出る。
 □白50に黒51は気合。
 □以下白52から76は必然、天下コウだ。ただし、黒69と下辺へ向かって仕掛けたコウは参考図Hと上辺に向かってやるのもあって悩ましい。
 □白78では下辺を1回受けることも可能だが、黒83に白84と受けねばならず(白84でコウを取りきるのは、黒85と白一子を抱えられた図が実戦の黒77、79のハネよりも白ひどい)、すると白にはもうコウ材がなく、左辺の天下コウは黒が勝つことになる。この代償は左上の黒二子で、黒は下辺のシチョウにも手が回ることになる。この展開は、白面白くない。参考図J。
 □というわけで、コウは白取り、左下隅は黒地という分かれになった。
 □ここで形勢判断をする。左辺の天下コウは出入り50目は下らない。左下隅は出入り30目強と、この交換は白が得をしたようにみえる(確かに数字的にはそのとおりなのだが)が、コウにいたるその前からのいきさつ、及び左辺を打ち抜いた白の上下は黒がしっかりと生きていて、この模様が存外厚みとして働かないという点で、白もイマイチであるらしい。
 □しかも、この後白は80〜92と下辺と右下隅を別々に生きねばならなくなり、黒は先手先手と立ち回っていつのまにか右辺に黒の大きな地模様ができてしまったことから、(結果論ではあるが)この左辺の大コウも、白有利な結果にはいたらなかったようだ。
 □白94は形勢不利を自覚した白の勝負手。もうひとつ中央寄りの浅い消しなら安全だが、それでは足りない、と見た。
 □黒95〜115は華麗な戦い。
 □白もなんとかシノいだものの、黒105と右辺を一気通貫の地にしては勝負はあった。
 □黒155は勝利宣言。黒が盤面20目は良い。
 
 参考図A 山下なら黒15







 と誰しも思ったが、本人(山下)は「(最近の僕は地に)カライです」

 参考図B 白18もっともおだやか







 こうなれば右上と左辺を双方囲って、黒も満足。

 参考図C 白22ツギ







 こうなれば、白旨いが、それは白の一人相撲。

 参考図D 白24ツギには黒対策アリ







 黒25のコスミが巧く、白まいっている。

 参考図E 白36では沿い上げたいが








 黒35ハネには手を抜いて白36で沿い上げ左辺の白を盛り上げたいが、黒43から45の出切りに白は抵抗できない。こうなっても、左下の白は黒からハサミツケのコウ残りなので白50が省けず、黒51抜きと替わって、黒全局的にバカ厚くなり、こうなれば、白に勝ち目はない。

 参考図F 黒39ハネは存外







 黒39ハネは激しいようだが、存外穏やかな分かれになる。これで黒悪いわけではないのだろうが。

 参考図G 白40おだやかだが







 白40では中央に向かってのトビが相場なのかもしれない。黒も存外薄いし、ワタリは辛いような気がしなくもないが...。河野Pには白がぬるくみえるのか?

 参考図H 黒69のコウは後のことを考える(白の取り番の天下コウ)とこちらのコウのほうが黒得なのだが







 このように白が一発でコウを解消すれば黒は取られた外側が左上の黒地に関連していて得なのだが、このコウは意外に複雑なコウ(黒85の出のコウ材に白は1回受ける余裕がある)なので、より簡明な実戦の進行=下辺側のコウを黒は選んだようだ。

 参考図J 白78コウ材に受けると...







 コウは黒勝ち。白の得たものは左上の黒二子だけで、左下の抱えも黒に回る。この展開は白面白くない。









posted by 蔵山車理恵蔵 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

第54回NHK杯戦2回戦14局△山田規三生九段対▲本田邦久九段 白226手以下略 白3目半勝 2006.11.12OA 








 解説:結城聡九段
 □「両者力強い戦いの碁なので、激しい碁になるだろう」との結城Pの言葉。ただ、力強い碁といっても、かつての加藤、武宮といい、山下といい、そしてこの山田規三生とその棋風はそれぞれ個性があり、微妙に違う。勿論、本田邦久も一人一流の主、このNHK杯で優勝したこともあり、先の棋聖戦リーグにも入っているトッププロの一人である。
 □左辺黒11の詰めに山田は手を抜いて左下白12のカカリ。
 □対して本田は意地で13のボーシ。ハザマがあいてはいるが、そこを出てくるなら、左下とのカラミで急戦は歓迎ということだろう。つまり、本田の戦いの碁とは、そんな技巧派のニュアンスがある。
 □対して山田はまずは白14〜黒25と、よくある定石に従って左下を治まる。衣の下に鎧を潜め、一見鈍重な碁である。
 □山田は次に白26〜38と下辺を割って右下と左下の黒を燻り出して、後手でも充分と見ている。
 □白38が来ると、左下の黒は足元を掬われた観もある。放置して死ぬことはないだろうが、黒39の地点に白からハネられると、(左下の)黒は一方的に被告になる。
 □で、黒39と一着入れるのは本手である。ただ、これで下辺から左辺の黒がしっかりつながったかというとそういう訳でもなく、これは黒の模様とまではまだ言い切れないのがやや辛い。あちこちに味があって、それが今後の戦いにどう影響するか(しないか)が勝負の分かれ目になってくる。
 □白40とカカリ、布石に逆戻り。仕切り直し、ともいえる。
 □黒41は上記のように左辺〜下辺の黒の一団を補強しつつ、上辺の白を三線に押さえ込み、白40の(三線の)カカリを悪手にしようというもので、理にかなった判断である。
 □白42では出切りたいが、参考図A、Bのように白石が三つに分断されて不利な戦い。とすれば、上辺は双方生き生きとなる間に黒はがっちりと白8の一子を取り込んで左辺を制し、更に中央と右上の白をカラミ攻めにできるのでこの別れは黒良し。
 □やむをえず白42と這い、黒43と替わる。これは白辛い展開。
 □白44のハサミから50と右辺を盛り上げるが、黒51と急所の押さえは黒に回る。
 □黒51がくると左上隅、白は手を抜きにくい。参考図C。
 □それで白は左上を56まで打ち、先手を得た黒は待望の黒57に回る。この手は白40の一子を制して右上を黒地にして、バカでかい一手ではある。
 □ 黒57に回ったことにより、この碁は黒の主導権で打ちまわしている、とはいえる。
 □ただし、黒が主導権を握って戦いを進めているからといって、形勢黒良しというわけでもないところが、碁の面白い所であり、難しい所だ。
 □つまり、黒は右上は黒地になったといっても、白66〜68と(後手だが)値切る手が残っていて、その前に先手を取るために黒は左上で二子を犠牲にしていることもあって、地合い的には、まだどっちがいい、とも言い切れない。
 □つまり、地合いはほぼ拮抗。厚み、模様はまだこれから、といったところで、形勢判断の天秤はこれからの一手、一手でその都度揺れて、つまり<やじろべえ>のまま。それが、つまり、プロの碁というものだろう。
 □先手を得た黒番の本田はここで長考。
 □黒69は右辺の荒らし、と右下黒の強化を兼ねつつ、左上〜上辺の黒模様の拡大を狙ってはいる。常識的には、参考図Dのハネからの囲い合いだが、それは自信がなかったのだろう、と結城P。
 □黒69には白70と、互いに荒らし。相手の模様を削減し同時に自陣の強化を図る。
 □黒71〜白74を先手で利かした。
 □ここで黒75、77と白76、78の交換が敗着かもしれない。
 □上記の四手はいずれも後手ヨセで、その実質は不明だが、白の76、78は「いかにも大所」という感じがするのに対し、黒75、77は小さくないとはいえ、すでに削減している右辺に二手連打して、「いかにもこだわりすぎ」という気がする。その差は微小ではあろうが、この前後にはこれという問題になるような手は見つからなかった以上、黒の敗因はこのあたりではなかろうか。
 □いわば、白68まで全局面を睥睨し、先手先手と一局の主導権を握って打ちまわしてきた黒が、75、77の二手に限りやけに部分(右辺)にこだわって、ヨセの主導権を放棄した感がある。
 □黒79〜白84、黒85〜白98を先手で利かし、やっと99のツケに回ったが、白106、108を打たれてみると、中央の力関係は逆転、黒模様が白の餌食に変貌してしまっている。しろ112の突き抜けが決勝点で白勝ち。
 
 参考図A 白42出切り⇒左辺の白・死







 白42で出切りは、左辺、上辺、右上と三ヶ所の白がカラミ攻めにあい、とりわけ左辺と中央のどちらかが死ぬ。

 参考図B 白42出切り、別法⇒上辺の白・死







 とまあ、左辺と上辺の白は、両方の生きはない。

 参考図C 白は左上を手抜きできない







 手抜きは左上白全滅。

 参考図D 黒69第一感、囲い合い







 黒69で第一感は右上の双方の模様の境界線のハネであろうが、この展開は先に右辺に巨大な白地を与える上に、右下の黒がまだ生きていないという欠陥を抱えていて、中央の囲い合いに支障をきたす。

 



posted by 蔵山車理恵蔵 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

富士通杯最終予選△河野臨天元対▲趙治勲十段 169手完 黒中押し勝 2006.11.9








 □趙治勲の碁ならわかる、気がする。
 □白が6、8だけを打って白10にシマれば右上は黒が一手多く右下の白と互角。左上と左下がシマリ合いの左右対称の同型ならば黒11と中央を先取するのが超ドキュー、で黒はコミ分をはるかに上回るリードを保って早くも優勢だ。
 □で、白が右上を12と手をかければ左辺の模様を背景に黒13と目いっぱいにハサみたくなる。
 □白14からの戦いには黒35と絶好の二立三析の開き詰めを打って好調、さらには白36には黒37〜白40とまたまた二立三析で手を打って先手で右下黒41の両ガカリに回れば趙は蝶の如く舞っている感じで、さながら「蝶のごとく舞い、蜂のごとく刺す」カシアス・クレイ(モハメド・アリ)の再来か。
 □白44と厚く構えるが、黒45〜白70と三つ巴、四つに絡んででの競り合いでも黒が常に一歩先んじているのが分かる。
 □黒71〜白80の決め付けも黒が双方ともに固まっていながら白はまだまだふらふらしている理屈で言うことなし。更に左辺も黒81から85と調子で固めていってくろ不満なし。
 □白86から局面を展開を図るが、黒87の押し上げから黒は逆襲、97、99で白をぶった切る。
 □白100から反撃しても黒101以下出切られては白106の生きを強要され、黒107と幸便に補強されては、この碁黒がひとりで全部打っている感じ、左辺も109と三間三立で安泰。
 □黒は111で左辺の白にもメスを入れる。
 □とどめは、下辺黒129の打ち込み。以下白154までの黒の花見コウ。
 □コウの代償白164,166の連打はたかだか21目の手なのに下辺のコウは出入り60目は下らない。比較しようもない差では白の投了もやむをえないだろう。
 
posted by 蔵山車理恵蔵 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

第32期天元戦五番勝負第1局△山下敬吾棋聖対▲河野臨天元 280手完 黒3目半勝 2006.11.2 岐阜








 解説:彦坂直人九段
 □黒1、5、白2、6と序盤で四隅が星で占められるのは最近では珍しい。
 □黒3とカカリっぱなしにして二連星を敷き、黒7〜15と三々にフリ替わるのは、簡明だが、有力な布石に思える。(これはあおきひとしの意見なのでよい子のみんなは信用してはいけない。わっはっは)
 □白16のカカリに17のハサミはよくある展開。
 □白18、黒19となれば参考図Aが普通の進行。黒17がある以上右辺で白二眼はできないのだから、白20のケイマはタブーだった。
 □ところが山下は平気で、白20をうち、以下白22〜32と右下の白大模様の形成を期す。う〜む、山下“らしい”なぁ。
 □河野は黒33ツケをひとつ利かし、早速右下35〜39と三々入り。
 □が、この河野の行き方は控え室では不評だった。参考図Bが黒堂々としていて、白もこの白九子がいきてないので手が抜けない。
 □実戦は黒39で手を抜き、白40のボーシが絶好調。黒41も軟弱気味だ。
 □白42がけっこうきつい。
 □やむなく、黒は43、45と間に合わせ出黒の連絡した。
 □が、白44が来たおかげで、白48〜52と上辺が破れてしまった。
 □この上辺突破を防ぐために黒45では参考図Cの上辺からのノゾキを決めたいが、これは参考図Dの経過をたどり黒の破綻に終わる。
 □この時点で、形勢白良し、の旗が上がった。
 □黒の上辺は綻んだものの、黒は53、57、59と切り、67と左辺と中央〜下辺の二正面作戦を取るしか道はない。
 □ここで山下、68〜86と後手でも、右下の黒をともかく封じ込める。特に白86押さえなど中央の白との連絡を拒否する辛抱強い手で、これまた山下“らしい”。
 □ここで河野87、89、91と中央に手を入れた後93の地に回った。「中央はシノギ勝負、山下のお手並み拝見」というわけだ。
 □白94はこんなものとして、黒95が強烈な頑張り!「黒95がすごい手でした。黒95は白96の隙があって左下の黒の分断があって普通ありえない手なのだが、これが誘いの隙になりました」(彦坂P)
 □なんと黒107まで進むと白三子は黒の腹中に入り、隅はまだ生き残り。中央の白も薄くなっていて、大逆転。いっぺんに黒良しとなってしまった。
 □では、白96ではどうすればよかったのか?
 □彦坂Pは例えばと、参考図Eを推奨する。
 □がどうもこのあたりの一手一手はあおきの理解を超えている。この2〜3日何回もこのあたりを並べ直したのだがよくわからなかった。
 □いや、そもそも山下の右上白20のケイマからの白の構想のあたりから、その考えについていけない気がしていた。
 □普通は、短いコメントを参考にしつつ、棋譜を何回か並べ直していくうちに、一局の碁のアウトラインが見えてきて、空で棋譜が並べられる(棋譜を暗記してしまう)ようになるのだが、この碁は違った。
 □実戦は黒95に対し、直ちに白96と応じ、以下黒97〜107はなりゆきとはいえほぼ必然の応酬で、あっという間に中央の力関係が白>黒が逆の黒>白になってしまった。
 □以下は黒の勢力圏での黒の一方的な攻勢に碁は終始する。
 □いや、実際は「黒111は108の上から当てるべきだった」とか、細かいニュアンスの解説はあるのだが、あおきにはもはや理解不能である。
 □「白112で碁は闇試合になった」と『週刊碁』(2006.11.13)の記事にはある。そうであるらしい。
 □で、結局闇試合は黒95のナイスな手を放った河野の手に最終的には転がりこんできた、らしいです。以上。

 参考図A 二十世紀(1970年代)旧定石






 これがむかしは普通に打たれていた。

 参考図B 黒33天下堂々の一間トビ







 威風堂々の一間である。まあ、単調ではあり、感想のための感想、という気もするが...。

 参考図C 黒45ノゾキ







 黒45ノゾキに白がおとなしくツイでくれれば黒47で黒は国家安泰だが、白46では↓参考図Dの反発がある。

 参考図D 白46反発







 白46の割り込み一発で黒はギャフンである。

 参考図E 白96ではともかく中央黒を痛めつける







 「白96〜104と、ともかくも中央を攻めて相手の出方をうかがうべし」が彦坂説であるが、白98,100、102と下辺から中央に白の援軍が来ているものの、中央の黒もほとんど生きで実戦の白97(C-8)が狙える陽気でもない。このあたり、正直あおきひとしの棋力では手の是非は全く不明、一手先も見えずお手上げである。


 
posted by 蔵山車理恵蔵 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

第54回NHK杯2回戦第13局△高尾紳路本因坊対▲円田秀樹九段 白中押し勝 2006.11.5OA








 解説:石田芳夫九段
 □黒1〜5は大場。
 □白6〜20は定石。
 □「ここで黒21が珍しい」と石田芳夫九段。
 □白20となった局面で上辺と右辺は大場。下辺はモノが小さい。(白16があって、黒から打っても、盛り上がりようがない)ところが左辺は急場でここが白地になるか、黒が割り込むかの差は莫大で盤中最大(の筈)という。
 □従って黒21は左上星へのカカリは左辺から打つのが普通。ただし参考図Aは白不満で、参考図Bとハサム進行が順当だと石田P。
 □黒23の単に二間(隅へのケイマスベリは保留する=受けてもらえれば利かし、だが手抜きされる恐れがあるため。)は小林流。1980年代に小林光一が打ち出した。こうなってからの白からのコスミツケ〜立ちは甘受する、という発想。これは碁の考え方の進歩なのか?幅が広くなってきているということなのか?
 □先手を取った白は24、26と左辺を連打。
 □黒模様がふっくらと盛り上がる上辺は25と受けて不満はない。
 □しかし、先程言ったように、白16が睨みをきかしている下辺は価値が低く、白26には受ける気はしないところ。
 □だから27と左辺を割り、ここから黒は闘いにもっていきたい。
 □白は手抜きされて行きがかり上28と両ガカリする。
 □右下が現在主戦場であるが、ここはどちらがどう打っても圧倒的な差が出るところではない。であれば黒としては右下はそこそこに打って先手を取り、右上のコスミツケに回りたい。例えば参考図C。
 □実戦は黒29と下辺にツケ、白32から三々に入って、白が右辺、黒が下辺に地を持つ分かれになった。これは@黒は価値の低い下辺で地を持たされた(しかも左下と重複気味で、下辺全体を盛り上げるのはむつかしい)A先手を取った白は36〜黒43まで先手で黒の勢力圏であった右上隅に喰い込み地を削減B右下、右上とも白は小さいながらも確実に生きがあるため、その中間にある黒石27がボケてきた、の三点で黒面白くない。
 □先手で右下〜右上を処理した白は44と絶好点の上辺の消しに回って好調。
 □白44に対して、黒は上辺をケイマで受けるのは気合いが悪く、受ける気がしない。それで以下45〜144とちょうど百手打ってはみたものの黒の挽回はならなかった。
 □つまり白は32の三々入りから黒35まで先手で右下を治まり、その勢いで右上も
白36〜黒43まで先手サバいて、白44と上辺の消しに回った時点で既に形勢良し、たった44手で碁は終りなのである。恐ろしい。
 
 参考図A 白21左辺からのカカリにケイマ受けは白×







 黒23、25とアグラをかいて治まっては極論すれば白負け。したがって、黒21のカカリには参考図B↓

 参考図B 黒21左辺カカリなら白22でハサム







 白22と白は既に資本投下をしてある左辺を大事にしてハサムところだという。このへんが“1970年代囲碁理論”である。諸君は理解できますか?あおきひとしには理解できないのだが、わかったふりをしていた記憶がある。

 参考図C 黒29は上辺ツケからサバいて先手を取り、右上の攻めに回りたい







黒が右下隅で治まり、白が価値の低い(黒から大きな地所は見込めない)下辺で生きているようなら、黒は右上の白の攻めにまわり、一局の碁の主導権を握っている。




posted by 蔵山車理恵蔵 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

第31期名人戦七番勝負第6局 △高尾紳路本因坊対▲張栩名人 275手完 白3目半勝2006.11.2-3 名古屋








 解説:大竹英雄名誉碁聖(NHK BS-2)
 □黒1〜白4は第2局と全く同じ布石。そして黒5は同じ左上のカカリでも高いカカリだった。参考図Aがそれである。それを黒から避けた、ということは高ガカリ以降の第2局の黒の序盤構想は失敗だったと、張は認めているということか?
 □とすれば布石構想では第4局まですべて高尾がリードしており、実質高尾の4勝2敗だというあおきの説は信憑性を増してくる。第5局が高尾の完勝だったことをさしひいても、このシリーズの流れはまだ高尾の側にある。
 □黒9は控え室の発想にはなかった手。常識的には黒9は左下白のハサミ(6通りあるが)か、左上の開き(二間と三間がある)。
 □とまれ、黒9がこの碁の骨格を決定する。
 □以下、白10〜22までこの二人、今回の名人戦にはそぐわないおだやかな布石である。
 □黒23の肩ツキは韓国流。参考図Bが黒の理想。
 □だから白も24〜30と反発する。案外落ち着いた形で治まった。
 □黒31、33のニ線の後手ハネツギはしぶい。参考図C参照。
 □従って白34の一間も上記に対応したシブい受け。
 □黒35、白36、黒37と意地の大場。
 □黒39、41とまたまたシブいハネツギ。
 □白42は立会い人の羽根泰正九段(中部本人所属。元・王座)が言いかけて「いや、無理か」と撤回したという手。「対局者が一番良く読んでいる」とはよく言われる言葉であるが、このシリーズはことにその観が強い。
 □黒55に対し、白その一間右に受けたいが、そうすれば幸便に参考図Dが先手になる。
 □左辺は黒59〜64とコウになったが、黒65〜69の圧迫が不気味で、黒コウは譲っても下辺を79、81と連打すれば面目は立っている。
 □黒83〜93と危なげなく下辺を割った分、黒リードかな?
 □白94が封じ手。
 □
 □
 □
 □
 □

 参考図A 黒5高ガカリ以下が第2局の張の序盤構想だった






 これは黒石が左辺に偏していて、しかも効率が悪いというのが結果論として出てくる。 

 参考図B 黒23は韓国流






 こうなれば、黒中央が厚く、左上も安定して理想的。

 参考図C 黒31、33ハネツギ






 ここは部分的にはニ線にサガリからの一線ハネツギが両先手4目だが、黒からはあえて後手を引いても先の狙いを秘めている。例えば白34と盤中最大の大場である上辺の開き(双方からの詰めが30目をはるかに越える価値がある)を打てば黒35〜39がこれまた後手ながら白の右下隅を荒らしてデカいし、右辺の黒が立派に二眼をもって生きた意味も無視できない。(実戦では白34と上記の狙いに備えて右下に白が手を入れたため、後に白56の厚いボーシに黒57と右辺の黒石は生きなければならなくなった)更にその後、黒が左上の詰め(盤中最大、30目)に回れば下辺白からのいっぱいの詰めで右下の白石の一団はにわかに影が薄くなる。まあ、この展開で白が悪い、というわけでもないのだが、碁は細かいながらも黒が先着の効を保持し、闘いの主導権は握っているとはいえるのである。

 参考図D 白56で一間トビ






 白56ではつい中央へトビ出すことを考えるものだが、このように黒から中央を連打されると下辺も守らねばならず、白56の値打ちが下がることになる。だから実戦の白58のようなところは双方の模様の接点という意味があり大きいのだ。








posted by 蔵山車理恵蔵 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

第54回NHK杯2回戦第10局△苑田勇一九段対▲金秀俊七段 208手完 白中押し勝 2006.10.15OA








 解説:森山直棋九段
 □黒5、7とカカリっぱなしにして黒9とシマるのは流行の布石。
 □白10〜黒13と大場を打ち合ったところで、白14と切る。
 □黒15ハサミ〜27と左辺〜左上隅で戦いが起こる。
 □白26のケイマは意欲的(その一路上の一間トビなら普通)だが、反面後に黒からツケコシの狙いが残った。
 □黒29と白30の交換は白46まで、左辺と下辺ともに白が頑張り、なおも白46で一子の切り離し(23目の手)が残った。
 □黒は47〜51の中央の切りに勝負を賭ける。
 □白52から二つに切れた白のシノギ。
 □白56〜70で左辺は一子を切り離して生き。
 □焦点は中央の白の帰趨。
 □黒71〜87と黒の攻めは“取りかけ”の気迫がある。
 □途中黒85は手筋で白が86で上辺を打ったりすろと参考図Aの手段がある。
 □それで白86の戻りはやむをえないが、黒87のノゾキが強烈。白はここをツイでも、上辺を封鎖されて大ピンチ。
 □白88は右辺への進出を狙ったものだが、黒91のノゾキがこれ又キツイ。
 □その前に黒89と白90も交換をしたが、ここは続けてツギまで打ってしまうチャンスだった。参考図Bだが、今なら先手だ。いつでも利きそうな利きではあるが、実はこれが最後のチャンスだった。実戦の黒99のタイミングでは、白全体の生き死にがかかっているため、利いてもらえない。
 □93の切りが拙速。敗着その@/2である。白94が旨い手で一手で中央をシノぐとともに、上辺へ進出できた。
 □黒99とこのタイミングで中央を利かそうとしたが、最早利いてはもらえない。参考図C参照。敗着そのA/2、決定打である。
 □実戦は白107まで先手で上辺に所帯を持ち、取って返す刀で白108と中央に手を戻し(しかも、これが中央〜上辺の白の生きと中央黒の地との兼ね合いで黒109の切りがやむをえない最後、最大の大場である)た上で、白112まで上辺の生きを確かめたのだから応えられない。白は中央の一子をもぎ取られただけで、中央から上辺を黒模様の中に10目の地を持って生きたのだから大成功、勝負はついた。(右辺は白132からの削減の手段が残っていて、黒地は不完全。)
 □黒113〜白130。形勢悪いと見た黒は右下をあえてコウにして白を挑発するが、白は“金持ちケンカせず”生き生きで充分と見る。
 □黒131のツギは23目だが、白132の荒らしはそれ以上はありそうで見合いでもなんでもない。
 □しかも、右上は152ハサミツケの手段がある。
 □黒153サガリから161とコウにしたのは非常手段(参考図Dツギや参考図Eでは負けと見た)。コウになった。
 □右上のコウは出入り73目。右下60目弱。ものが違う。
 □かくして白の勝利は最終的に決定した。
 □では最終的に黒91の前に中央を決めてから、93のところを切らずに引いた図を掲げる。参考図Fである。

 参考図A 白86は手を戻さなければならない






 白86で上辺進出の手を打っていたりすると、黒87以下上辺が切り離されて、しかも中央の白は二子をとってもまだ一眼しかない。これは白、必敗のコースである。

 参考図B 黒91では中央決め






 黒91(あるいは93)では中央(この図の91)を決めておきたい。今なら、受けるしかなかった。この図のように手抜きしても上辺の白は生きるのに二手かかり、その隙に中央を切られ、中央から右辺を大きく黒にまとめられては、盤面30目黒勝である。

 参考図C 白100に手は抜けない
 





 白100に手を抜いて、黒101と中央を切っても、白102の二子取りと、一手で上辺白が治まって(しかも先手。黒103、105の右辺の守りは、実戦のような白からの右辺削減手段があり、守りになっていない)いるのが、参考図Bとの違いである。これは白も106で中央の動き出し、右辺荒らし、と白からの楽しみのみが大きいようだ。

 参考図D 黒153ツギ






 白152にフルえて黒153とツイでワタリを許すようでは、盤面でも白が良い。

 参考図E 黒159でツいでのフリ替わりも同様、白良し。






 これは盤面でも白、圧倒のようだ。

 参考図F 黒93持久戦






 黒93で中央を決めておいて、95に引くのが黒からは白の上辺での手段を奪い又右辺も守った“しゃにこい”手だ。この後、色々やってもたが、どうも白は上辺では一眼しか出来ないようだ。とすれば中央をツイで右辺と下辺の黒を破る算段をしたければならないが、これはどうなるか、あおきひとし程度の棋力では想像もつかない。(なんだか、白死のような気もするし、コウになるような気もしないではない)。やはり、結果的に見て黒はこの図に従うべきだった、かもしれない。













posted by 蔵山車理恵蔵 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

第31期名人戦七番勝負第4局 △高尾紳路九段対▲張栩名人 364手完 白半目勝 2006.10.11-12








 解説:中野寛也九段(NHK BS2)
 □黒1、3(と5)は張栩流。
 □黒7で右下に打った。左下ではないのは、あおきひとしが書いた先日(10.9)のエントリー
http://blog.goo.ne.jp/rms3210/e/a277f47137f31fadb89dc8564b008342
を意識してのことなのか?つまり、張栩は名人戦第2局(張栩の黒番で、黒3向い小目=ケンカ小目を左下に打ち、黒5から左上に一間高ガカリ、白その下ツケ、黒7押さえ、白8ヒキ、黒9手抜きで右上シマリ、白10左上切り)の布石を再現を回避した(自信がなくて逃げた?)ことになりはしないか?
 □白8、黒9と大場を打つ。
 □白10〜黒25は右下でひとつの定石ができた。
 □白26は上記エントリー【名人戦定石】でも触れているが、黒3、5のカカリっぱなしを咎めた(動き出しを制限した)落ち着いた一着である。この黒3、5の動向が中盤の大きな焦点となった。
 □が、黒は上辺27と大場を打ち、黒3、5に遠く声援を送る。
 □白28は控え室の予想にはなかった着手。というのは、白28では参考図Aのケイマがぴったりで、右辺が黒地になり、白悪いというのが控え室の控え室の予想だった。だから、白28は同じ右上でも参考図Bあたりが検討されていた。
 □しかし実戦は白28のボーシとし、黒も又黒29と右辺より上辺を重視して両対局者ともに、控え室の考えを裏切る。この碁では終始、対局者と控え室の見解が一致せず、立会人の武宮正樹九段(準名誉本因坊格w)が「(予想が)全くあたらないなあ」とぼやいていた。このクラスの予想が外れても「(最近の若い子は)...」てな(どんなだ?)印象でカンロクであるが、今日のテレビ解説の中野寛也九段レベルでは「そりゃ、(中野Pレベルじゃ)分からないだろうよ」という印象を視聴者に与えて気の毒である。また、中野Pが恥じている風にみえるのもなんだか...。
 □白38で「やっと予想が当たったよ」と控え室は笑顔だとw
 □黒39からは厳しい追及。しかし、シノがれると黒も甘くなるので必死のところ。
 □黒49では参考図Cが上辺の黒模様の中での惷動を封じて簡明だったかも知れないが、それは参考図Dのような白の反発もありそうで、一筋縄ではいかないようだ。
 □実戦の黒49となれば、白50、52はやむをえない。(黒39、41、43の三子が人質になっている)
 □黒53では参考図Eとなれば「黒、右辺の白を取って、上辺の黒は死なない」ので旨いのだが、そううまくいくかどうか...。
 □黒67で参考図Fが検討されていた。これは白両方生きても黒先で黒模様がでっかく、黒悪くない、とみられていたのだが...。
 □実戦は黒、白ともに控え室の予想を越えてシビアーに打つ。黒67、白68がそれである。
 □黒71は“きつさの極み”である。白72では参考図Gがあった。これは右上が出入り50目を越える天下コウ(白の取り番)になる。この図は右上の白の実利が黒の二手連打を上回り、白有利と思われたが、白が実戦の72以下を選んだのは、「これ(実戦の白72以下の現実の進行)で白打てる」と白番の高尾が形勢判断したものと控え室は判断し、形勢白良し説も出てきた。
 □黒81は、右辺の処理をする前に中央〜上辺&左辺の白の出方を探る目的で、張栩は先手のつもりで打った筈である。
 □ところが、白は手を抜いて82と左辺を切ってきた。
 □怒った黒は83、85、87と打つが、白84、86、88と交わされてみれば、黒81と白82の交換は虚と実の交換で、話にもならない悪手ということになる。
 □黒89、91、93とさかんに左辺で策動を計ろうとするが、果たして展望はあるのだろうか?
 □

 参考図A 白28にはケイマ






 実戦の白28だったら、黒29の右辺のケイマが右辺を黒地にさせて黒良し=白悪いと控え室ではみていた。

 参考図B 白28右上打ち込み






 これは、黒の模様の右辺を荒らしにいった手だが、封鎖されてしまえば、外の黒の勢力が膨大だ。

 参考図C 黒49はダメ詰めが簡明






 白50と隅の一子を取るのこの図は黒51以下白の種石を取られて碁が終わるから話にならない。だから、参考図Dと右辺を生きなければならない。

 参考図D <参考図Cから続く>白50で右辺の白を生きる






 白50とカケツげば、黒はここをあてるのも恐い。すると、右辺の白はコウ含みで中央で戦いを拡大することになりそうで、だから黒49で参考図Cのダメ詰めが簡明というわけでもなさそうだ。

 参考図E 黒53でアテて右辺が取れれば、黒旨いのだが...






 これは、黒の理想図だが、“取らぬ狸の皮算用”で、所詮傍観者の気楽な感想でしかないのか...。

 参考図F 黒67で白を生かして打つ







 参考図G 白72でコウにできた






 このコウは白の実利が大きく、白有利と見られるが、この進行はほぼ必然であり当然両対局者ともに読んでいる筈だから、黒は実戦よりも、このコウがまだしも黒が勝負を先延ばしするチャンスがあると見、白は実戦のほうがより確実に勝てると見ているに相違なく、ここににわかに形勢白良し説が浮上してきたのである。



 













posted by 蔵山車理恵蔵 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

第31期名人戦第2局 布石検討








 これが名人戦第2局である。この碁では、勝敗よりも張栩名人の序盤の趣向が話題になった。というのは、この碁は白番高尾紳路本因坊が勝ったのだが、黒の敗因がはっきりしなかった。そこで序盤まで遡って、黒5が敗着ではないか、とする意見さえ出てきたのである。というのは、序盤の黒17までで既に黒悪い、ということである。

 参考図A 序盤の17手






 これが実戦の進行、序盤の17手である。黒15がケイマなのは、部分的な定石の二間開きだと左下隅とのバランスが悪い、と見て高く四線に開いたのである。参考図B参照。

 参考図B 黒15定型の二間開きはこの際適切ではない






 黒15で二間に開くのは、左下隅がこういうシマリになっている現状では、左辺の黒が低いから、盛り上がりに欠けるので、こうは打てない。つまり逆に言えば、左下隅の黒のシマリが参考図Cならば、これは黒の理想形なのである。

 参考図C 黒15黒の理想形






 左下隅がこのシマリなら、左辺は二間に開いてバランスがいい。

 では、問題となった黒17までを手順を変えて図を作ってみるとこうなる。

 参考図D 黒17まで手割り






 この手割り図で行くと、黒9の“開きヅメ”に、王銘ワン九段は「何ともいえない違和感を感じる」という。というか、黒9は「この段階で、ここに打つプロはまずいない」とまで云い、黒9を悪手と断定する。
 張の主張は、この図に従えば、「黒9は普通の大場とし、その後の黒11〜白16を黒からの利かし(黒13の一子にはまだ充分活力がある)」として、トータルで黒がでかしている、というものである。
 しかし、王銘ワンPはこれは利かしになっていない、と言う。何故なら、左辺の黒三子は形が不安定で白の攻撃目標にされる恐れがある。つまり、

 参考図E 左辺には白18の打ち込みがある






 タイミングの問題はあるが、左辺は白から18の打ち込みが厳しい。この白18と左辺に先着してある黒の三子はほぼ互角であり(あるいは、三子、手をかけただけの効果は出ていない)、とすれば左辺は黒白逃げ逃げの、生き生きになって黒の左辺大模様構想はウサンムショウしてしまう。
 かといって、黒17で上辺はほったらかしにしておいて、左辺に更にもう一手かけるのは、
 
 参考図F 左辺を確定地に






 これなら左辺は黒の確定地だが、序盤の忙しい時期に左辺に7手もかけて確定地がたったの33目というのでは、明らかに“コリ形”。白18のカケからできる上辺の模様のほうが立体的で豊かなのは一目瞭然であろう。

 実はこの碁には変遷がある。

 参考図G 前史






 これは、張栩が昨年優勝したLG杯の決勝戦。無論、張が黒番であり、快勝した。いわば張栩流必勝布石である。
 ところが、

 参考図H 高尾の対策






 LG戦の二ヶ月後、本因坊挑戦手合で挑戦者の高尾紳路九段が打ったのが白10の割打ち。この割打ちは白は左右の二間開きを見合いにして楽生きなのに対し、黒は先に打った3、の二子が治まる形がない、という“泣き”形にされているのがわかる。
このいきさつがあったので、今度の名人戦で上記参考図Aの改良型を編み出した、とかんがえられる。つまり、これはそういったいわくつきの因縁を背負った張-高尾序盤パターンだった、ということになる。それが黒悪い、となると大問題で、それじゃ、「左下の配置如何によっては、左上への一間高ガカリそのものが悪手」という結論が出かねないという状況になってきたようだ。

 この論争の決着はできれば、この名人戦あさっての10.11-12の第3局(張栩の黒番)の実戦でつけてほしい。

 なお、補足すればあおきひとしの見解は、「黒15までの布石は特に黒が悪い、というわけではない」


 参考図J
 参考図K






 実戦の黒17のハサミは白16からの二間開き詰めの余地を与えてぬるかった。このようにもっと狭くハサんで白を攻めれば、戦いの主導権は黒にあり、下辺へも黒が先にまわれるので形勢は黒良し、である。


posted by 蔵山車理恵蔵 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

第54回NHK杯2回戦第9局 △趙善津九段対▲潘善票恵福。267手完 白5目半勝 2006.10.8OA








 解説:マイケル・レドモンド九段
 □「潘善票恵覆呂困个蠕錣い慮襦l篩営填綯覆魯・璽愁疋奪・垢文襦廚搬仂氾・△肇譽疋皀鵐ノP。
 □黒9と白10の交換があれば、左辺の白も強化されていて、11のケイマにも白12、14と出切りたくなる気分らしい。
 □とすれば「戦いの碁を目指す」潘善匹慮世な・・未辰新繊」
 □黒15〜白22は定形のひとつ。
 □黒23〜白36もひとつの形。
 □黒37、白38ともに厚い。黒39〜41、47と中央の戦いで黒は攻勢に出てはいるが、薄いのも事実。
 □白48はそんな黒の薄みを突いた。
 □白50は頑張った手。参考図Aなら堅いがカラミ攻めになることを心配した。
 □黒55のモロノゾキに白はツいでいては大勢に遅れる。危険は承知で白56〜黒65を先手で利かし、白66のカケになっては白旨い。
 □黒67〜77となっては黒も上手く白の包囲網を破っている。
 □白78の妥協に、黒も79と手入れ(やや、中途半端、あるいは欲張りすぎだった?!)。
 □白80〜88で右上はコウ。このコウは白は上辺のワタリが残っており、黒も一手では隅を取り切ことはできない“微妙なコウ”。
 □黒89、白92、黒95、白98、黒101、白104、黒107となったところで白は110サガリ、これもコウ材ではある。
 □黒111に白112とコウを取って、これで変則的ながら白の有利なコウの形に導いている。(一種のコウ解消とも云える)
 □黒は白が手を抜いた右下隅を113〜117と固めるが、白も118と頑張り右辺の黒に圧力をかける。
 □黒119コウ取りと頑張るが、白は120など近所コウが多い。を
 □結局、右辺は右上の白をコウがらみで攻めるのは諦め、黒123〜137と右辺と黒連絡して妥協。
 □白は140まで二手かけて実利を得、かわりに黒は139、141と下辺の白に圧力を加える。
 □となれば白142、144はシノギの心。ただし左辺中央の黒石もまだ生きていないから、これは巨大詰碁、攻め合い模様だ。
 □黒145〜183は攻めあいながら下辺の白六子を巡るコウに落ち着く。
 □結局このコウは黒のコウ取りと左上の二手連打(黒の眼を取っている)で妥協。
 □ということは眼のない左辺の黒の大石は、187、189と連絡しなければならない。
 □それで待望のヨセの手止まり190を打って、右上は白地14目。
 □あとの大きなヨセは黒191と白200が見合いで、序盤に白が頑張って右上をコウ含みでシノいだことが実って、白5目半アマした。

 参考図A 白50コスミ






 白50コスミなら堅いが、黒は忙しくカラミ攻めに出て、戦いの主導権を握られる。


posted by 蔵山車理恵蔵 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

第13期阿含・桐山杯決勝戦 △張栩名人対▲羽根直樹NHK杯 160手完 白中押し勝 2006.10.7








 解説:王銘ワン九段、小林光一九段(日本棋院副理事長として対戦に帯同、表彰式に出席)
 □黒5とこちらをシマったのには理由がある。それは下辺の白の配石に関係している。つまり、参考図Aのように、白6で白もシマると、実戦の黒11(参考図の黒7)が絶好で左上隅〜左辺に黒模様が出来て、その後に白が最後の大場右上にカカっても黒一間のハサミが左辺の模様を背景にしてドンピシャで黒良すぎる。したがって、実戦では白も参考図Aを嫌い、白6とただちに右上にカカっていった。
 □白12のカケツギ〜白14ケイマと右上への圧力が弱いので、黒も13のハサミから15、17と左辺の模様を重視する作戦に出た。白12が参考図Bの固ツギなら黒も右辺を一間に受けるのが相場。
 □が、張栩九段は黒番、白番を問わず、定石になずんで相場で形を決めるのではなく、形を決めないまま、戦いの碁にもっていくのがお好み、性分と見えて(それにしては白18の一間がおとなしく、意外だが)、黒19まで左上一帯に及ぶスケールの大きい黒模様の形成を許す。
 □黒19の二間は参考図Cの一間との比較で良し悪し。
 □実戦はしろ20とただちの打ち込み。ここが急所らしい。「しかし、今すぐとは厳しいね」(王銘ワンP)
 □白20は参考図D白24のボーシなら常識的。
 □控え室が大きく首をひねったのが白26のコスミ。張栩の岳父の小林光一九段は「白26が白苦戦の原因。参考図Eが形。」まあ、張とはこういうグチャグチャしたところに戦機を見出す天才なのだね。失敗すると今の名人戦のように滅茶苦茶になるけど。
 □黒27が厳しい。対してすぐ30(参考図Fの白28)のハネは二段バネがあって白窮する。
 □白の対策は白28のツケだ。黒が参考図Gなら白はシノギ。
 □羽根は黒29、31と厚く打つ。白は30〜38と絞るが、この白は黒39とノゾかれると、まだまだ被告の身分。このあたり控え室は黒の楽しみな碁形と見ていた。
 □黒41〜白52と上辺の白を封鎖形にした上で、53に取って返し、“壁攻め”を続行。白54〜72とほぼ治まり形。ただし白はまだ一眼で、周囲の黒がもう少し固まれば、強行な取りかけ(G-12)も成立する。
 □黒は左下73〜77を利かして、右下三々に入る。黒好調の流れに見えた。ところがーーー
 □黒89のコウ構えは左辺白一団へのコウ材を見て悪くない。
 □しかし、黒93のコウ立てを局後羽根は後悔する。というのも、白96の切り込みがコウ材であるとともに、白の大石の命綱にもなるという手になったからである。黒93は左辺に打つべきであった。参考図H参照、つまり左辺はコウ材に関して“両先手”だったのである。
 □白96の切り込みはシノギに強い張の面目躍如たるものがある。黒97に白98、100と捨石を大きくし、利き筋とコウ材を残した。ここで96〜100、106〜108、110と三回白からコウ材が立ち(黒先なら同様に黒から数回コウ材が立った!)これで、右下のコウは黒勝てなくなった。
 □黒はやむなく右下のコウを白に譲り、右辺を黒113、115と連打した。
 □それでも白は116と動き出してきた。「こりゃ、黒いけない。張さんがやっていく以上、ここは手なのでしょう」。張の信用は絶大である。
 □白116〜152でこれは白有利黒不利な一手ヨセコウとなっては、白の大逆転勝利が決定した。
 □ただし、張にもミス手抜かりはあって、白120は参考図Jとするべきであった。 □というのは黒121では参考図Kが厳しかった。
 □とはいうもののこの図でも白良し、は変わらないということなので、要は左辺のコウ立てが全て、それまでの黒良しの流れを黒93の一見フツーのコウ立てが敗着、一挙に羽根は奈落の底に転落したのである。

 参考図A 白6で左下シマリ






 この進行は黒9のハサミが左上〜左辺の黒模様を背景にしたいっぱいの詰めで、黒序盤作戦大成功の図である。

 参考図B 白12固ツギ






 白二立三析に黒一間開きはもうひとつの定石で、白は上辺で黒を左右に割って安定した勢力を持って治まっており、ゆっくりとした局面に持っていきたい白としてはお奨めの形だ。“ゾーンプレス戦法”を唱える王銘ワンP好みの戦法である。

 参考図C 黒19一間






 一間は堅実で、白も荒らし方に悩むところだがスピードに欠けるきらいがある。二間はのびやかでスケール大だが、隙だらけ。要は後の打ち方次第ということになる。

 参考図D 白20常識的なボーシ






 白20のボーシが消しの急所。まあ、白が張だから、これでも戦いにはなるのだろうけれど...。

 参考図E 白26シノギの形と小林光一説






 白26引きがシノギの形と小林光一。多分、張はこの図を“ヌルイ”と感じている筈で、それが埋まることはない世代間の溝。大袈裟に言えば、二十世紀の碁と21世紀のGOの違い。

 参考図F 白28ハネ






 白28でただちにハネるのは黒29の二段バネで切断され白ピンチだが...。

 参考図G 白28シノギの手筋






 白28〜32で鮮やかなシノギ。う〜ん、サスガ、張栩!

 参考図H 黒93は左辺にコウ立てすべき=両先手






 
 参考図J 白120はトビが正解






 白120はトビが正解。以下126まで生き生きが穏やかな分かれで、白優勢。

 参考図K 黒121が厳しい






 実戦の120ハネでは黒からの121ノゾキが厳しい。もっとも、これも慌てないで図のように対応すれば白勝ちは動かないらしいが...。



























posted by 蔵山車理恵蔵 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第25期女流本因坊戦五番勝負第1局 △祷陽子五段対矢代美代子女流本因坊戦 241手完 白3目半勝 2006.10.5








 解説:片岡聡九段
 □黒は左辺にミニ中国流を敷くが、上辺を白8、10と割り打たれ(黒11白12と交換し)た形ははやくもゆっくりした形で黒先着の効が薄れていて、コミ6目半の時代では遅れをとっているのかも知れない。
 □というのも黒13としても白14が絶好点で、その傾向(ゆっくりした布石)はいっこうに変わっていない。
 □黒15、17は小林光一流。参考図A参照。
 □すると白18が序盤最大の大場であるにとどまらず、参考図Bの手段が右上隅に生じるので先手になる。従って黒21の手入れが必然。
 □すると、白は先手で白22と左辺の戦いに先着することになる。
 □白22〜36まで、左辺での戦いは互いに反発しあって進んでいくが、黒37と交わしにでたのが弱気だった。
 □結局53まで黒の外勢白の実利というフリ替わりになったが、黒の外勢は断点だらけで薄く、おまけに後手で、結局左辺での戦は黒に誤算があった。
 □白54が左辺の白数子に援軍を送りつつ、黒模様の削減を見て気分の出た手である。
 □黒55のカタツキに白57からのツケノビで反発。白62は参考図Cなら普通。
 □白62〜70と思わぬ所から戦いが起こった。
 □黒71、73は過激。「参考図Dでどうということもなかったのでは」と片岡P。
 □白72〜88と黒模様の中で生き形になれば白は一丁前。
 □黒も75のツケコシを利かして、81、85から77、89と右辺〜中央で黒の模様をかまえるが、当初の構想の左辺〜中央の黒模様がすっかりきえているのが不満。
 □結局この後全局的に小競り合いが各地でつづいたが、最初左辺の実利のリードがものを言って白が3目半あました。

 参考図A 黒17ケイマ






 黒17で隅へのケイマスベリは三々に受けるとは限らず、@パスされるAこの図のように白18と外ツケされて忙しく立ち働かれ、黒が右下隅に小さく閉じこもらないともかぎらないので、近年は小林流の単に二間開きする傾向が強くなってきている。

 参考図B 白18は先手






 実戦で黒19と詰めて白20三々と交換すると左辺が薄くなり、図のように21とまもりたくなるが、そうすると白22で右上三々ツケでここが手になる。ここで白が生きると右上の黒は全体がまとめて一方的に被告の身の上になる。

 参考図C 白62はタケフなら普通






 白62ではタケフにツギ、右辺の黒と白がそれぞれ中央にかわりばんこに進出していけば穏やかな進行だった。

 参考図D 黒71普通に受け






 黒71に受けて下辺に黒地をつくれば普通。










posted by 蔵山車理恵蔵 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

第26期NECカップ一回戦 △小松英樹九段対▲張栩名人 151手完 黒中押し勝 2006.9.16








 解説:片岡聡九段
 □張栩の7,9から11シマリという“韋駄天”振りに対して、小松は12,14〜16と穏やか、っていうかシブイ?!
 □黒27の挑発的ともいえる三間には28の打ち込みから事を構える。
 □黒33に白34のコスミは黒のワタリを拒否したもの。参考図Aである。
 □白44は利かし。今なら45と下から受けるしかないから、57の切りが残った。
 □白52は整形を目指したもの。対抗上黒も53、55と二ヶ所出て、白の断点を強調する。このあたり、下辺の二ヶ所の黒と白は互いに相手の隙をうかがう姿勢。
 □黒77に白78のツケは一つの筋。白の狙いは参考図Bにある。
 □黒79〜83は最強の反発。結局白88まで右上はコウになる。
 □このコウは白はツギで解消したくない。それはS-18の一子カカエと替わって面白くない。白はできればそのS-18と引いてコウを拡大してあらそいたいのだ。
 □白92〜98はコウ材というよりは白黒ともに一歩も引かぬ戦い、コウどころではない戦線拡大だ。解説の片岡Pも「うわっ!」と悲鳴をあげる。あまりのごつさに驚いたのだ。
 □黒99〜103が巧みな手順だった。白104でアテは嵌り(はまり)。参考図C。
 □やむなく白104とノビ左辺の黒三子は飲み込んだものの中央の白二子はカナメ石でモノが違う。
 □遡って白100では参考図Dならまだしもだった。
 □黒105〜117で中央は一段落。形勢は黒に傾いている。
 □白118からコウが再開。白は126とコウをツイで妥協しようとするが、黒129と追及の手を緩めない。
 □対して白130も最強の抵抗。
 □黒131は眼形の急所。樹下を分断され黒149とワタられては右上白の一団に生きはなく、白投了。

 参考図A 黒35でワタリはない






 白34とコスんでおけば、黒355から37と来ても、黒はワタることはできない仕掛けになっている。 

 参考図B 白78の狙い






 白78〜82がこんな場合の常景である。

 参考図C 白104は嵌り






 白104ではこのようにアテたいが、なんとこれは黒105以下グルグル回しのシチョウなのだった!!!

 参考図D 白100引き






 白100引きなら中央はどちらもまだ決まりがついておらず、これからの碁だった。












posted by 蔵山車理恵蔵 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

第15期竜星戦決勝 △張栩名人対▲結城聡竜星 174手完 白中押し勝 








 解説:小林覚九段
 □黒5まで前期決勝戦のこの二人の対局とまったく同じ進行である、という。その時張は白6で右下隅の黒に一間高ガカリで対抗したらしい。おやおや、それじゃ、つい先日の名人戦第3局と同じ進行じゃないか。ということは、このあたりの布石は張栩にとっておなじみの研究済みということであり、白6はこの一間も、名人戦の進行も両方アリ、という結論なのね、ふ〜ん。まあ、こんな序盤から必勝形が出るとも思えないから、その場の気分ということなのか。ここでの戦いが白42で一段落するまで、結城が考慮時間(竜星戦はNHK方式で一手30秒+1分10回)を5分使っているのに対し、張は1回のみ。
 □ただし、黒57のシマリを打たれては張は「参考図Aと打つべきだった」と悔やんでいた。たしかに黒57とあまし戦法を取られては張のお株を取られた形で気分的に面白くなかったのだろう。しかし、一般的に実戦の白56の点が双方の模様の伸長に関わる第一級の急場であることにかわりはない。
 □白56、58と包囲網を敷かれては、黒59、61の辛抱はしかたがない。
 □恭順の意そ示すそんな黒に対して、白は62のノゾキから戦いを挑む。「しかし、ここは参考図Bが優った」と小林覚九段。なるほど、そうなれば実戦とは雲泥の差だ。(まあ、張のことだから、それでもどこかで反発してくるだろうけれど。このあたり、往年の張じゃない趙治勲と似ているw)
 □実戦は白62〜87までで上辺の競り合いは一段落。このワカレに対する判断は棋風によって真っ二つに分かれた。結城と小林が「白62と白から仕掛けたのにもかかわらず黒79、81と黒に主導権が渡った重視⇒黒有利説」。一方張は「白76までと先手で実利を稼げた⇒白有利説」とそれぞれ自説を譲らない。が、小林Pが加担した白有利説にあおきは1000ペソ。
 □白88、さらには100と中央に手を戻したのは、そんな張の自信の表れ。自らの左辺の白石もまだ生きてはいないが、黒の攻めでそれをかわし、その調子で右辺の黒模様になだれ込むとともに、左方の黒への攻めも狙っており、張らしい張りつめた含みの多い一手。
 □黒107もこれまた形勢良し、と見ている結城の自重の一手だが、固過ぎたきらいもある。
 □白108、110が実利を稼ぎながら黒の根拠を奪った大きい手。なぜなら左辺からの黒の大石には参考図Cの分断策があって大石がとられてしまうのである。
 □それで上記の切断にそなえて黒115、117とコウ含みで頑張ろうとしたのだが、白122のツケ以下には抵抗するすべがなく、ずるずると右辺をやぶられてしまっては黒は最早勝ち目はない。

 参考図A 黒56の別案






 張はこのように白56で右下へなだれこんで黒59(実戦の白56)の要点(両ゲイマであり、模様の焦点でもある)は黒に先着されても、白60、62で地をとって中央の白は簡単に治まると反省していた。地に辛い“韋駄天”張らしい意見ではある。

 参考図B 白62よりきつい攻め






 この図は封鎖された黒が死ぬわけではないが、手を抜いては白からの地を稼ぎながらの厳しい攻めで黒は目ふたつにされる(俗にいう“雪だるま”となり、これは負け形)し、何より実戦のように黒79と脱出されながら白が二分された形と違い、外側の白が猛烈に厚いのである。

 参考図C 白には強行な黒の分断策がある!






 白108、110に続き112、114と左辺の黒の眼を取られてみると、黒は115でこのように右辺を囲いたいのだが、そうすると白116から122の非常手段があって左辺がちぎれてしまう。









posted by 蔵山車理恵蔵 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

第54回NHK杯2回戦第7局 △河野臨天元対▲坂井秀至七段 168手完 白中押し勝 2006.10.1OA








 解説:倉橋正行九段
 □黒13に白14と辛抱がいい。
 □白14で切りは参考図Aの戦いになる。これは白上辺に一手要るので右辺の白は孤立して逃げる一方になる。
 □そこで白はまず上辺を守った。
 □それなら黒は15と大場を打ち、参考図B白16と切ってくれば三子にして捨てるつもり。
 □なので白は上記の切りは打たず、下辺16と大場に回る。
 □ならば黒17と右辺に大きな黒模様を敷く。
 □とまあ、このように碁は互いに相手の意図を外しながら打っていくという例だ。
 □白18に参考図Cの定石はこの際適切ではない。上辺は白14が来ているので価値が小さい。
 □「だから白は参考図Dの展開を考えている筈」と倉橋P。
 □実戦の白28は左辺の黒の惷動(しゅんどう)を封じた。ただし黒23、25にかすかに生命力が残っていて、将来左辺に黒が来た時もう一手かける必要がでてくる可能性も心配しなければならない。
 □黒33〜白40は大胆なフリ替わり。右上隅は白先で参考図Eのコウによる生きが残っている。
 □なので黒43は一手かけて上記の白のコウ生きの狙いを未然に封じた。
 □白44、黒45、白46は大場
 □黒47から上辺の黒を担ぎ出していった。
 □白50、52で黒は左上隅と上辺がカラミ攻めになって嫌な感じ。
 □黒73は参考図Fともう一本押しが利けばいいのだが、残念ながらそれでさえ黒31の引き出しは成立しない。ということは黒は当分ひたすら中央を逃げ出すだけしかなかった。
 □黒73と一子を引き出したが白74のマガリが双方の必争点で黒参っている。
 □黒75マゲも白76の割り込み一発で要の黒31の一子は取られている。
 □黒77以下もがいてはみたものの、白の攻めは筋に入った観があり、“大石死なず”の格言に反して、哀れ黒の大石は頓死。

 参考図A 白14切って戦い






 白14ですぐに切っていくのは、戦いになり、これは黒がやれる。

 参考図B 白16で切り






 白14が来てからの16切りは黒は右上を三子にして捨てる。この右上の白は凝り形と見るわけである。

 参考図C 定石だが






 この場合、白14のスベリがきているので上辺は価値が低く、黒白ともに行きたくないところなので、黒が不満。

 参考図D 黒の意図






 黒は白28の時、黒29と左辺を引っ張り出して左辺で戦いをおこすつもりだった(だろう、と倉橋P)

 参考図E 右上白はコウによる生きがある






 右上隅の白にはコウ生きがある。

 参考図F 黒73押し






 黒73では押しが必争点だった。黒73白74の交換をしてからでさえも、黒31の引っ張り出しは成立しない。中央は黒白ともに逃げ逃げの一手で、それがいやなら、そもそも41、47が無理だったということになる。










posted by 蔵山車理恵蔵 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

第31期名人戦七番勝負第3局 △張栩名人対▲高尾紳路本因坊 208手完 白中押し勝 2006.9.28-29








 解説:レドモンド九段(NHK BS-2)、今村俊也九段(朝日新聞)、山田規三生九段(NHK BS-2「囲碁ジャーナル」)
 □右下で起こった戦いは、白36、38のコンビネーションが見事に決まった。控え室では「歴史に残る一手」(石井邦生九段=立会人)と評判だった。黒43は屈服である。黒43で44ツギは参考図Aで黒壊滅。
 □白52では参考図Bの強襲が検討されていたが、実戦は白52ツケとしたので、黒53〜白56と双方穏やかに治まった。
 □更に先手を得た黒は下辺黒57〜白62を先手で地を稼ぎつつ、「下辺の黒はまだ生きていませんよ」、と脅かしておいてその分薄くなった中央を黒63と安定させる。
 □この白6〜黒63までをどう形勢判断するかは、意外と難しい。
 □白36、38は白のあげたポイントだが、参考図Bの強襲からの白による中央突破を張栩名人は何か思うところがあったのだろう外して、あえて後手で中央を繋がって、右辺の黒の右上との連絡を許した。これは参考図Bと比較して地合いで30目は違うと思われ、白に傾いていた形勢の振り子はイーブンに戻った。
 □しかも黒57〜62で地を稼ぎまくり、確定地では、右辺21目+右下15目と大きく稼いだ(白の確定地は0目)。
 □しかも62まで右下の地を稼ぐと同時に下辺の白の死活を脅かしている意味もあり、黒63の構えは黒5の存在とあいまって中央から左下一帯の覇権を主張している訳で、いかにも“重厚戦車”高尾紳路本因坊らしい着手ともいえる。解説の今村Pは黒63を「おとなやねえ(大人の態度)」と評価した。(なんか、関西弁で言うと、からかっている感じもうかがわれなくもない。なるほど、俊也康子コンビは、囲碁漫才と称されるわけやねぇ、とヘンなところで納得したわいなぁ<これは、何弁?)
 □白64は参考図Cなら常識的だが、それは張の棋風ではないのだろう。
 □白64ツケに黒65とナダレた。黒65は参考図D押さえとの比較である。
 □黒の意図は下辺の白の攻めながら中央をまとめることにあるから、参考図Eの定石はこの場合ふさわしくないので、黒67、69と変化した。このほうが下辺の押さえ(白79)などが先手で利いて、下辺の白がまだ生きてない意味がある。ただし、この下辺の白の生きは微妙に多数手があり、それを攻めている黒も攻めあぐねると形勢が揺らぐ不安も出てきた。
 □とまれ下辺の攻めはいったん中断し、先手の黒は81と盤中最大最後の大場左上に向かう。黒81〜91はまあこんなものだろう。
 □先手をもらった白は、92と94、96のツケノビを利かし、100と上辺白模様を目いっぱいに築く。
 □100では参考図Fとこちらを囲ったほうが現実的とレドモンドPの意見。
 □実戦はしろ100と右辺を囲ったので、左上隅の荒らしは必定。要はこの上辺の白がどの程度まとまるかがポイントとなった。
 □実戦は黒101〜白130という、黒は打ち込んだ本体を捨てての尻尾の生還という分かれになった。この部分がこの碁のハイライトであり、感想戦でも一番時間が費やされた所だが、勿論結論は出るわけがない。とまれここが天下分け目の関が原であったのは間違いがなく、しかしながらその形勢判断は微妙に分かれた。対局者は白良しという判断であったが、解説のレドモンドPや今村Pは「形勢不明、どちらかといえば黒悪くないのではないか」ということであった。
 □いずれにせよ、両対局者のように白130の時点で白良しとは断定できないのではないだろうか?
 □黒131で参考図Gは検討に値する。参考図の進行を辿れば「黒良し、とはいえないまでも、白良くはない」から白は下辺を後手で素直に渡るのではなく、何か工夫をしなければならないところだ。
 □黒135でも参考Hが考えられる。この図は黒良し、と控え室では判断していたのだが...。
 □黒135,137と先手で左下白地を荒らしたのはいいが、白138の二間開き(16目の手)と本手とはいえ小さい(実質2目しかない)139の実と虚の交換を余儀なくされたのは痛いのではないか?
 □白142のスベリまで打てるのでは流石に最早白が面白いのだろう。
 □黒151となっては、下辺の白ははっきり生きで、形勢は逆転して白のものとなった。
 

 参考図A 黒43左ツギ






 黒43で左側をツギたいが、右下隅は例えば白44で手になる。

 参考図B 白52、右辺の黒を強襲







 参考図C 白64中央






 これがフツーというものだが、すぐさま左下黒65とつけられると、下辺の白の生き方がかったるいので白不満だったのだろう。

 参考図D 黒65は、第一感押さえ






 この図が第一感であり、黒が正々堂々と受ける高尾式横綱相撲の継承である。これでがっぷり四つ、形勢は全く互角である。だから実戦の進行はこの図との比較でその優劣が云々される。

 参考図E ナダレの一常型






 これはナダレの定石のひとつだが、黒はスミの白を固め、下辺の白の攻めも狙えず、さりとて中央の黒模様がまとまるわけでもないので、この場合はトリプルに甘い。

 参考図F 白100は左辺を囲うほうが現実的






 白100と左上で上辺を囲えば、上辺は白地になる確率が高い。右辺からの侵入はしろ114で阻止できそうだし、下辺の白を攻めても左辺〜中央の黒地も左上隅からの展開と中央の黒の囲いが兄弟喧嘩している意味があってそうは大きくまとまらず、この図は黒コミを出すのは大変そうであった。

 参考図G 黒131攻め






 黒131と攻めると白は左下隅で手入れがいる。といっても、後手で渡るのではつらく、中央を黒に囲われて、上辺の荒らしも黒の手番になる。

 参考図H 黒135左下隅攻め






 黒135では二の2からの根こそぎの攻めがあり、黒は中央がふっくらとしている。この図は下辺の白もまだ生きている訳ではなくもう一手かかる気配がある。ということは、上辺の荒らし(白が188に打ったところ=L-14の右コスミ)が最後の大場ヨセの両先手のようなところでバカでかい。この図なら黒勝ちだと控え室は見ていたのだが...。













posted by 蔵山車理恵蔵 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。