2006年12月24日

第54回NHK杯三回戦第4局 △結城聡九段対▲河野臨天元 194手完 白中押し勝








 解説:倉橋正行九段
 □左下で戦いが始まり、右下に白6、8と利かして、10と戻る。
 □黒13の時、参考図Aは部分的には定石であるが、総体的にみると白が下辺に偏していてよくないそうである。ふ〜ん、そうなのか。碁って、むつかしいなぁ。
 □確かに黒16は機敏で“良さげ”な手である。解説の倉橋Pも早い段階で黒16に言及していたから、これは「プロなら一目」の急所なのだろう。仮に参考図Cのような(形にとらわれたフツーの)展開になれば白はアウトである。
 □左下は黒27で部分的には一段落。途中、黒23は上からアテたいが、それは参考図Dで無理。
 □ここで先手を得た白28は上辺星、盤中唯一ともいうべき絶好点である。
 □気になるのは右下にカカリっぱなしの三石であるが、白は利かしとみて放置している。参考図D、F参照。
 □それで黒は29と左上に転戦した。
 □結果論だが、黒29〜白106と上辺一帯でのっぴきならない戦いが続き、それが一段落した時、上辺のコウの代償に左下の黒の底が抜けていた。そこで黒107と黒は下辺の生きを計り、白は108と上記の、<かねて念願の>二立三析の開き詰めに回ることが出来た。
 □つまり、28といい、108といい、白は一局の碁のターニングポイントとなる局面で盤中唯一無比の大場、急所を占めることになった訳である。
 □つまり、白28からの<あまし戦法>が効を奏したわけで、手止まりの急所108を白が占めてはこの碁は白の作戦勝ちということになる。
 □で、黒29に戻って白30以下も倉橋Pの予想がピシピシ当たる。
 □要するに左辺は左下の白模様が裾アキのところで黒も白もともに行きたくない場所であるらしい。なるほど。
 □で、参考図G、Hのような図はありえないのだそうだ。
 □それで、黒35、37と軽サバをこころがける。
 □それで白は38、42と上辺に模様を張る。
 □黒43打ち込みには44のボーシ(軽快)から46〜56と隅にもぐりこむ。
 □黒57〜63で左上も荒らされたが、64、70、72のケイマケイマが快感。
 □黒73〜79の抵抗には白80ノゾキが強烈。
 □以下黒97まで天下コウ。
 □でコウの代償に白は左下隅を復活、二分された黒は左右どちらかが死ぬ。
 □それで黒107と下辺だけでも生きを計るが、白も108の開き詰めがまさに、<この一手>で、以下もつれているようだが、序盤で下辺を手抜きして上辺28に先着した<あまし戦法>が奏功して「白に負けなし」の図になっている。

 参考図A 白16定石だが







 この図は左下に関してはよく見かけた定石である。そして白16と模様をまとめて左右を一手で打ち切って“でかしている”ようだが、そうではない、という。全体的に白石が下辺に偏っていてよくないらしい。う〜む、碁ってむつかしいな。
 そういえば、参考図Bも白悪いと言われえたことがあるなぁ。

 参考図B 模様は囲うな







 これは黒の上辺に白が打ち込み、左右同型中央に手を入れた図で、1970年代に一時よく打たれた気もするが、やはり白が良くないということになったように思う。まぁ、ハネツギを全部受けるとなると、白16中央の一手が無駄とはいえるがねぇ。
 要するに、白16と高く囲った白は黒から手がある=地ではない、ということだ。かといって白16を三線に低く構えるのもボーシがピッタリでどうもなぁ、といったところか。
 ちなみに、こうなると、盤面十目黒が良い。

 参考図C 黒17ソッポ







 黒17などと隅にこだわっているとどんどん手抜きされて大局を失う。この図は黒70目負けw

 参考図D 黒23で上アテは無理







 黒23で上アテは逆に黒がつぶれる。

 参考図E 白28下辺二立三析は常識的だが







  白28と下辺に一手入れて二立三析で安定させるのは常識的だが、右下、左下で白黒互角とするならば、上辺左右の星(これまた互角)から先手を得て中央の星を占める利は地換算で最低15目でコミの6目半をはるかにオーバーして先着の利あまりある成果だろう。この図は黒良し、であるは言うを待たない。
 それに参考図Eとなっても、

 参考図F 黒29右下の白を攻めても







 黒29と攻めようとしても、仮に白30くらいで白は楽生きである。そうすると攻めたつもりの黒29以下が本体の左下から飛び出しすぎていて反撃を食らうおそれがあるので手入れが必要で、またまた後手を引くことにもなりかねない。
 また白30で下辺をもう一手手抜きしても黒からは急な攻めは見当たらないというのが白の軽い所以である。

 参考図G 白30で左辺を大事にすると黒に左上で威張られて元も子もない







 これでは左辺で生きているところに少々地を増やしても「屋上の屋」だし、白の宝だった上辺、左上はがらっがらになる。

 参考図H 黒35は軽サバ







 黒が左辺に10目ばかりの地を欲しがると、白には百目の地ができてとても引き合わない。








posted by 蔵山車理恵蔵 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30183241

この記事へのトラックバック

阪神タイガース カンカラ三線 【球団認証】
Excerpt: 内   容   商品説明 沖縄に欠かせないカンカラ三線! 球団認証応援グッズとして新登場です!!・・今までの糸とは一味違います! 止水フッ素・2月中旬発送分「ピュエル・クイックエステ」ひと吹きで毛先ま..
Weblog: 三線がいいと思う
Tracked: 2007-08-25 11:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。