2006年07月30日

NHK杯一回戦 △小松英樹九段対▲武宮正樹九段 白4目半勝








 解説:大竹英雄名誉碁聖
 □先番武宮は1、3の二連星から5と小目にカカリ、6〜16となったところでフワリ、黒17の左下隅への五線高ガカリ(?!)。「楽しい。これだけ見れれば満足」と大竹。黒17は本人によれば「前に山城宏九段とやった時に打った記憶がある」とのこと。
 □白18の大ケイマの受けにも黒19、21と悠揚迫らぬ落ち着きぶりは流石宇宙流の本家。白4、18、20、22という25目はあろうかという左下隅の白地を与えてもいっこうに平気らしい。
 □黒23と右辺を三連星に構えてまさしく本格的に宇宙を構成する。
 □白24〜35と白はケイマカカリから三々入り。
 □黒37と六の線を二間に開いていよいよ武宮大宇宙が現実化しようとしている。
 □その一瞬、白38の“クスグリ”(大竹)。6からハザマに飛んで21のカド、何かよく分からないが、大竹によれば気分の出たいい手らしい。ふ〜ん。
 □黒39とツケて40の出と替わり、次の一手はノータイムでその先の押さえかと思われたが、武宮なぜか長考。結局、41と上に裂いて出て42のノビを許す。作戦変更らしい。武宮はしきりと苦笑いをしている。
 □とまれ、先手を得た武宮は黒43とケイマにスベリ、上辺も模様を拡大。
 □白44はノータイムの消し。七線にフワリと浮かんだ宇宙船のようだ。
 □と、黒45と9線のボーシもノータイム。考え出したらきりがないほどむつかしいところだろうに、両者直感と気合で呼吸が合っている感じ。
 □「お互い気持ちよく好きなところへ打って楽しそうですね」と大竹。
 □しかし、白46〜黒61と右上一帯を先手で荒らす。
 □返す刀で城62、64、66の一間を中央にポン、ポン、ポンと打ち、これが楽生きでは早くも碁は終ってしまった。
 □黒67と下からノゾいて脅かし77まで攻めを見せる。
 □白が上辺黒61と75の二子を取り、黒Q-16(白80のところ)と右辺を大きくまとめるフリ替わりかと思われた。
 □が、白78が欲張りの腰の伸びた悪手。
 □ところが、黒79カカエが黒61、75を助けて大きいようだが、白80で上辺と右辺の白が繋がってしまうと黒は何を打ったのだかわからない。
 □宇宙流は一手一手が緊密な大構想の連続で成り立っている。黒79などという地だけの手を打っては“ソッポ”もいいとこ。この一瞬に武宮大宇宙はビックバンを起こして爆発し、ブラックホールへ吸い込まれていった。
 □実戦は二百数十手打たれて数え碁になった(白4目半勝)が、白80の時点でこの碁は終わっている。



posted by 蔵山車理恵蔵 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21666729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。