2006年07月04日

第19期富士通杯世界選手権決勝戦 △朴正祥六段(韓国)対▲周鶴洋九段(中国) 白中押し勝 2006.7.3








 □黒5、7と打ちっぱなしで、9、11と足早に展開する。
 □白14〜黒43は双方ほどほどの分かれではあるまいか。
 □白44で黒の13と3が分断されてピンチだが、黒55まで軽サバの気分。
 □白56〜黒7が宙に浮いた格好だが、白68までとフリ替わり、黒69に一手備えては黒が打ちまわした展開だ。
 □白72〜76でコウになるが、黒は余裕で101、103となれば満足以上のものがあるのではないか?
 □黒111以下は碁をお仕舞いにしようと言っている。115では普通に割り込んで充分だった筈。参考図Aだ。
 □黒129ではポン抜きでのフリ替わりでほどほどの分かれで、先手で下辺の大きな這いに回って黒優勢ではなかったか?参考図Bである。
 □黒165ではもう一コウ粘って、コウを抜けば、白厚いながらも一応は寄せ勝負だった。参考図C。

 参考図A 黒115普通に割り込めば黒良しじゃない?






 どうして黒は115で普通に割りツギをうたなかったんだろう?以降普通に寄せて、黒良しの筈だが...。

 参考図B 黒129抜きでも黒良し






 黒129で一子ポン抜きで黒良し。白130は黒131が先手なのでここが止まり、白は存外小さい。とすれば、懸案の下辺黒133押しに回った黒が勝ち。

 参考図C 黒65ではコウ続行






 せめて黒165ではここのタケフの出切りで1コウ稼ぎ、黒169では上辺のコウを解消したかった。白170には下辺を小さく捨ててフリ替われば...。やはり白が良いことには変りはないが一応寄せ勝負ではあった。



posted by 蔵山車理恵蔵 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20274994

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。