2006年01月30日

第4回正官庄杯世界女流勝ち抜き団体戦第12戦 ▲朴金志恩(韓国)対小山栄美(日本)黒4目半勝 2006.1.17上海







 □黒13は“韓国流”
 □黒15の打ち込みから左下で戦いが始まった。
 □白30は黒7-9-13の形の弱点をついた利かし(黒M-3とひけばふつうで、白32とつぐ前提)だが黒31が韓国流激辛のハネダシ、黒37まで白石二子を取ってしまった。
 □白はその代償に38と掛けて黒51まで左下隅に黒を押さえ込む(10目の黒地)。典型的な外勢対実利という分かれだが、この外勢は傷があって本物のそれではない。
 □ともかく白は52、54と左辺で地を稼ぎ、全体のバランスを取る。
 □黒61の低い二間開きが独特の打ち方。日本式ならK-16の高い三間開きが上辺一帯の構えとして推奨される筈だが。
 □だから白64からの消しはこんなもの。70まで楽々と中央に頭を出す。
 □黒71が絶好の様子見。右辺白の分断と上辺白の攻め、下辺白の切断を見た八方睨みの“耳赤の一手”。白72黒73となった時、白74とここに手を戻さなければならないようでは白辛い。
 □黒77の押さえ込みが当然ながら厳しい。白78、80とダメを打って右辺と上辺をつなげるだけ。しかも、つながった白全体はまだ生きていない。
 □白88、90の割り込みと黒91、93の交換は右辺の黒を強くしただけで、右下の白には何の益もない。一方右辺から上辺にかけての白は94と一手かけてもまだ黒からの攻めの対象。ならば白88ではいっそE-11(ここは双方の模様の接点で、部分的にはどちらからも両先手の意味がある)と打ちたかった。
 □そのE-11を黒95と先手10目の手を打ちサラサラとヨセに入る。黒103は勝ちを意識しすぎて震えている。しかし、白は114と一手手をかけなければならず、それでもまだ生きたわけではない。
 □黒123のコスミは上下の白を割っているが、勇み足だった。すかさず、白124〜黒135と黒の形を先手で崩し、返す刀で白136と中央に手を戻す。これが左辺白との連絡を図りつつ上辺黒地の削減を兼ねて大きいところ。
 □更に黒147、149が先手ヨセのように見えて、身ダメを詰めた悪手。白O-4からの黒二子取りを残してしまった。こう、あからさまな悪手が2回も続いてはさすがの黒もピンチ。
 □ところが白156が敗着、黒157と換わって一瞬かいまみえた逆転のチャンス、白の勝利は消えてしまった。残念。なお、白156は逆ヨセ(気味)5目、黒157は後手12目。で黒157がはるかにでかい。

posted by 蔵山車理恵蔵 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。