2005年12月27日

第6回農心杯▲王磊八段(中国)対李昌鎬九段(韓国) 白中押し勝 2005.2.24







 解説:呉清源
 □黒5は趣向だが、F-6の“いっぱい”のカカリが普通で、白6の詰めに黒7と後手で守っても打ちこみの余地が残り問題と見る。
 □白8は当然の一着。
 □黒9は左辺の割りうちも考えられるが、それは白O-17と右上黒の星にケイマのカカリにR-14ケイマと受けさせた拍子でR-7(白20)と開かれると右下黒への白からの打ち込みが現実の脅威となるので却下。
 □白10は左下隅の白の星から下辺への大ケイマの構えとの関連で必然。
 □黒11から19は上辺の黒の低い構えに対し、白は左辺が立派な模様になっていて優る。従って白20は左下隅を固めるC-5コスミがより魅力的。
 □白20が右辺に向かった(上記の理由で大きい)ので、黒21から左辺から左下隅の白模様を荒らすのは当然。それに対して白26と挟んだのは白30まで後手を引いて疑問。
 □黒31は盤中最大の急場。
 □白32は右上のカカリが普通。現実の左辺の白模様を拡大する白32は、黒33、35がまずく黒の一団が窮屈になってしまった。(現実に後にH-6にボーシされて黒は左半分が白に取られてしまう)
 □足早の展開を好む呉は黒37で右上隅コスミのシマリを推奨するが現実の展開は黒37〜45という右辺白の圧迫。
 □左辺の白模様を広げる白48にも呉は異論を挟む。右上星へのカカリ(黒からはコスミのシマリ)がより急場だという。(後に白90、92が黒の地模様を食い破った)
 □黒49が微妙な一着でこの碁のターニングポイントとなった。白53と一子を抜けば黒O-7と引いて右辺白への中央進出は止まっている、と白に脅しをかけている。白は単にs-11コスミと後手で生きるのはつらいのでひとつ白52と出て黒53と換わりここに味をつけておいてから白54、56とハネツいだ。(ここは、後に実現した白92からの切断が手になるところ)が黒57と白二子を制しては左下の一団も強くなって黒満足。(白58で白92の切断は、今なら黒は上から当てて小さく捨ててよい)
 □そこで白58が巧妙な様子見。黒59はM-3と引いて先手を取り、以下右辺の黒模様を強化して囲い合いにむかえば黒悪くなかった。それを黒59〜69と取りにいったものだから引くに引けない戦いとなった。しかし白70、76がうまい手で、黒89までのフリカワリとなった。この結果をみれば、下辺はもともと黒地がみこまれた所で白十子を取ったといってもたいした儲けとはいわない。ところが白は取られていた白二子が逆に囲んでいた黒三子を取り込んで生きたのが大きい。十子と三子では黒のほうが得をしたと思うだろうが、白は先手で中央を厚くしたのが馬鹿でかいのだ。
 □その中央の厚みを背景に結局、白90、92以下で右辺から中央を大きく取り込み、上辺も先手で荒らしておいてから、最後に白134ボーシで左辺の黒をも屠ることになっては白の勝利は確定した。


posted by 蔵山車理恵蔵 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11090669

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。