2006年03月21日

第6回春蘭杯2回戦△趙治勲(日本)対▲周鶴洋(中国) 黒中押し勝 3.11.2006北京








 自戦解説:趙治勲十段
 □左下で大ナダレが発生、白32まで無難な分かれ。
 □右下黒39のハサミに白40とコスミツケ、44の後45と黒上辺に先向したため、白46から下辺黒を攻め上げる展開に。
 □ここで、黒は又も手を抜いて55と右辺を頑張るも、白も56に手を戻し、18目の実利を確保。
 □この時点では、下辺黒がやや薄く、白が打ちやすいとの評判。
 □黒は右下を三度手を抜き、57〜61と左上で模様を拡大。
 □白62〜78と決めて右下黒を睨みながら、上辺80から持っていく。
 □さすがに黒83と一手をいれるが完全ではなく、その下辺をにらみつつ戦いは上辺が戦場に。
 □「このあたり、白悪くない、と思っていたけど...。黒87までの後白88はどうだったか。白90と右辺を打つのなら白88と黒89の交換がない方が白軽く、黒89が来たことによって左上C-16の内ノゾキが気持ち悪い。右辺に打ち込んだ白90に黒91と反発されては白苦戦。白88、90のセットがまずかったなぁ。」(趙)
 □「いっぱいに頑張る趙Pならではの打ち過ぎ。白88の押さえは打たず、白92などと右辺にもっと軽い消しを打つべきだった。それなら下辺の黒も安心できず、白打ちやすかった。」(『週刊碁』記事より)
 □実戦は右辺に打ち込んだ白90以下三子がタダ取られ、ジ・エンド。


posted by 蔵山車理恵蔵 at 16:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。